RSS | ATOM | SEARCH
PROFILE
宮城県出身。

警察官拝命後、交番勤務員、機動隊員、刑事、北京語通訳捜査官として活動、勤続18年で警視庁を退職、現在は司法通訳、作家、防犯コンサルタントとして、日本国内に増加する外国人犯罪、特に中国陣による犯罪増加をテーマとした著述・講演活動を展開している。

著作は
中国人犯罪者の実態を描いた「通訳捜査官」(経済界)、在日中国人の実体を紹介した「いつまでも中国陣にだまされる日本人」(KKベスト新書)、外国人参政権や移民政策、沖縄ビジョンなどの危険性を訴えた「日本が中国の『自治区』になる」(産経新聞出版)など。最新刊は「恐ろしすぎる中国に優しすぎる日本人」(徳間書店)。

新聞雑誌、テレビ・ラジオにも出演しながら、中国や中国人にかかわる日本企業のためのコンサルタントも実施中。