RSS | ATOM | SEARCH
胸を張って世界に出るために。

みなさん、こんにちは。
 

先日チャンネルAJER4周年記念集会に、開局直後から出演しているメンバーとして登壇、5分ほどお話させて頂きました。

【坂東忠信 元警視庁北京語通訳捜査官】Channel AJER4周年特別企画 リレートーク〜4年間を振り返って〜2015.6.12

https://www.youtube.com/watch?v=XlQwABJW658

微乳か? 巨乳か? どっちが好きか? ・・・は別として(笑)、姿勢を正し背筋を伸ばせば脳への血流量が増加し頭が冴え、胸を張れば上から男性は肺に押し出されていた腹が引っ込み、女性は貧乳だってバストアップ! 

国中に魅力ある男女があふれますから、引きこもってる場合じゃないですよ(笑)

外出の機会が増えて消費も増える。
お金がなくても、働きに出たくなるはず。

そしていい男といい女が出逢う確立も高くなり、子供が生まれ、少子化はストップするはず。

 

私たちが背筋を伸ばして世界と対等に渡り合い、日本が作る顧客のための製品やサービスを世界に打ち出せば、中国のように覇権を唱えなくても世界が日本を押し上げます。


 

そのためには、私たちが自信を持って胸を張れる正しい歴史を知ることが大切です。


 

逆に胸を張って語れる歴史を作ってこなかった特定の反日国家は、日本人が真実を語り出しては不都合なのです。

だから、日本人が背を丸め卑屈に生きて、機会をつかむことのない環境を作るため、
世界各地に証明不能な歴史を刻んだ石碑や銅像を立てまくっているのです。


 

坂東学校では週に一度、日本の歴史を、時の政権の移り変わりではなく甲冑武具の変遷で捉え、武士の魂を伝える歴史講座を発信しております。

日本の甲冑があの独特の形になったのは、武士の哲学や美意識、それを反映した戦い方が影響していたからなのですよ。

エロ・グロ・ゲロな反日国家の話題ばかりでは気が滅入りますからね。

ご興味のある方はどうぞお越しください!
 

姿勢を正せば、痛みが消える [ 中村秀一 ]

価格:1,404円
(2015/6/16 14:37時点)
感想(1件)


・・・というわけで、日本に注意喚起を促すため、

今日も、ひとポチ! どうぞよろしくお願いします。


  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

より濃いネタをお探しの方、

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。

 


遅刻・早退・早弁推奨、特に留年大歓迎!

学校ですが、警察学校のような「ウサギ跳び100m」や、

投げ技・絞め技ありの剣道課外授業など、

人智を超えたシゴキはありませんのでご安心を(笑) 


坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   

もちろんいきなりの本入校も大歓迎! 
    

本入校
皆様のお越しをお待ちしております。

 

坂東忠信8冊目のこの本も、おかげさまでまもなく1年。

保存用・閲覧用・回覧用と、

一家に三冊!お願いします。

現在9冊目を執筆中です。お楽しみに!



http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033134166&Action_id=121&Sza_id=A0


JUGEMテーマ:健康
author:坂東忠信, category:自然と健康, 14:42
comments(1), -, - -
中国産古米で作る「発がん性カビまぶし漂白剤炊き込みご飯」

みなさん、こんにちは。


日本文化は米作りから始まったと言われていますが、同時に稲作は大陸から伝えられたとされています。

まあ私はこの部分については懐疑的で、私が日本古代史の本物!と考えている神代文字(古代にの日本文字)によって記録された「ヲシテ文献」によれば、そんなことは一文字も書かれていないらしく、最初は栗の植裁を、後に稲の水田農法を太古の皇室が日本の各地に伝えたことから、今でも新嘗祭としてこれが継承されているそうな。

この「古事記」「日本書紀」の元となったというヲシテ文献については、この研究を引き継いで進めておられる池田満先生のご著書をおすすめします・・・が、残念ながらHPは先生ご自身の手作り感満点で、とても見にくいのです(笑)

どなたか手伝ってあげて下さい。


【本当の国学への池田 満の案内】

http://www.zb.ztv.ne.jp/woshite/

さて、そののお話なのですが、こんなお話が↓
 

【「中国産のコメ、汚染が深刻」・・・日本産を買い求める中国人】

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2015&d=0131&f=business_0131_010.shtml

サーチナの記事には

さらに、中国最大のネット通販サイトである淘宝網(タオバオワン)で日本産のコメを販売している業者の話として「中国の農家は皆、農薬を使用しているうえ、日本のコメは中国産のように重金属汚染の心配がない」と伝えた。

なんて書いてありますが、問題はそれだけではないのです。

 

加工されるコメ由来食品の場合、そのコメには「陳化米」といわれる劣化米が使われます。

この劣化米にはアスペルギルス・フラーブスというカビが深刻なほどに標準値を超えていて、しかもこれがWHOの研究機関お墨付きの最強の発がん性物質。280度の高温の中でも生存可能なコウジカビの一種なのだそうです。

さらにこれを洗うために漂白剤が使用されていたりもしますが、これがまた有毒で大問題。

こういう話は、NHKは絶対に報道しませんし、民放だって広告スポンサーのほとんどが中国進出企業ですから、絶対に取り扱うことができない仕組みがあるのです。

つまり、一般に普及する情報では身の安全も家族の安全も守ることができません。



 

日本では中国産のお米なんか見たことがないから大丈夫、と思っているあなた。

お米そのものでは輸入されることは少ないかもしれませんが、お米を加工したビーフンを始め、米加工品は結構あるのですよ。

【お米の加工食品にはどんなものがあるの?】

http://www.komenet.jp/_qa/kome_kakou_donna.html

そして客の健康より利益第一の企業なら「原材料にかかる費用を浮かせるなら、やっぱり中国産!」と考えるのは当たり前でしょう。

まあそれだけでもすごいのに、今度はプラスチックを食わされる危険性が発生。

【中国発プラスチック米がアジア諸国で流通か。イモに合成樹脂を混ぜる。】

http://japan.techinsight.jp/2015/05/yokote2015052118330.html

「今日の米は粘りとコシがあるなあ」

・・・なんて自分を無理なプラス思考で納得させて食べないように。

疑問を持ち、自分で判断し、捨てるべきは捨てる、排除すべきは排除するという明確な判断力と実行力がなければ、相互の信頼構築もないまま危険物が流入してくる「国際化」社会に生きて行くことは出来ません。

坂東学校では会員の皆さんやその家族がこうしたやばそうな食品を口にしないよう、お伝えしております。お役に立てれば何よりであります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それから、お知らせです。
坂東学校会員学生を対象に、少人数限定で勉強会をします!
(残念ながら坂東学校学生でないとこの応募ページは開けません)
http://bandou.an-an.org/index.php?go=yZNi8F

 

● 日時 6月19日 18時30分〜

● 場所 都内23区内 ケーキが美味い秘密の喫茶店、奥の間
  (詳細は後ほどメールにてお知らせします)

● 坂東学校課外授業「2021年までの東アジアと日本について」

● 坂東学校学生限定9名様
● 参加費 お店でお茶・ケーキなどご注文いただければそれで結構です。

 

居酒屋でもいいんですが、それはまた別の講演の懇親会にて(笑)

 

食の安全事典

価格:4,320円


(2015/6/1 13:16時点)
感想(0件)


・・・というわけで、日本に注意喚起を促すため、

今日も、ひとポチ! どうぞよろしくお願いします。


  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

より濃いネタをお探しの方、

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。

 


遅刻・早退・早弁推奨、特に留年大歓迎!

学校ですが、警察学校のような「ウサギ跳び100m」や、

投げ技・絞め技ありの剣道課外授業など、

人智を超えたシゴキはありませんのでご安心を(笑) 


坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   

もちろんいきなりの本入校も大歓迎! 
    

本入校
皆様のお越しをお待ちしております。

 

坂東忠信8冊目のこの本も、おかげさまでまもなく1年。

保存用・閲覧用・回覧用と、

一家に三冊!お願いします。

現在9冊目を執筆中です。お楽しみに!



http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033134166&Action_id=121&Sza_id=A0



JUGEMテーマ:グルメ
author:坂東忠信, category:自然と健康, 13:36
comments(0), -, - -
契約愛人とAIDSに怯える中国の大物たち

みなさん、こんにちは。
 

今日は動画でお楽しみくださいね。

チャンネルAJER

『中国の高級娼婦とエイズパニック 

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=FIOaPobNIkA&feature=youtu.be

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26282882

今回チャンネルAJER無料枠でお伝えしている政治家や官僚とその愛人の関係は、ほとんど契約制なのです。

日本人の愛人関係とは違い、情でなんとなくつながっているのではなくて、金額と期間を決めた専属の売春婦兼別荘管理人なのです。

男の方は愛人が何人いるかがステイタスでもあるので、この愛人を住まわせた別荘に友人などを連れてきて「彼女が私の3号です」と自慢したり、そう説明された方も
「この人は奥さんの他に愛人を囲うほど財力があるのか、こりゃこいつに付いたほうが有利だ!」
ということになるのです。

おまけに愛人の方はというと、友人に

「私は党幹部の●●さんの愛人やっているのよ」

というと、これまたステイタスとなり、

「■■さんは党幹部の●●さんの愛人で豪華な生活をしている、すごい!困ったときには頼りになる!」

となるのだそうな。

おまけに契約期間が切れると、お互いの話し合いで更新するのも自由ですし、たんまり貢いでもらったお金を持ってまた自由の身に戻るのも自由。

彼女たちには、日本人の「愛人」につきまとうような悲哀がほとんどないのです。

では、気に入らないオトコの愛人になってしまったら?

「床上运(床上運動)」を録画しこれをアップして拡散、愛人契約相手の政治家や官僚をスキャンダルで撃ち落とした上で、「権力者をベッドで葬った英雄」として人気が上がった元官僚の愛人女性もいるのです。

いつも私が言う「脳回路」が違うので、こういう文化(?)が社会に肯定されているようですが、やっぱり本妻さんの怒りに触れるのは日中共通らしい(笑)

で、薄煕来(反習近平派として逮捕された大物幹部)の本妻さんくらいになると権力者でもありますので、人体模型にされちゃったりもする、そういう世界なんですよ。

●同じ人物ではないかと言われている画像

 

そして今回、中国でも有名な契約愛人の中にAIDS持ちがいたことが判明、しかもこれが多数の男との「床上運動」を疑われていたことから、中国政財界、芸能界関係者が、ち●こが縮むほどの恐怖を感じているとのこと(笑)
 

これ、他人ごとじゃないんですよ。
 

中国のAIDS実態数は、病院で把握されている数が公表されているだけの話。

把握できないのが病院に通うこともできない内陸農村部の感染者です。


10年ほど前、農村部ではお金がないことから、農民の献血ならぬ「売血」で稼ごうとした自治体や業者がいて、これが注射針を取り替えていなかったためAIDS感染が広がりました。
 

しかも農村部はお金がないので、若い女性が売春で稼ごうとすることも多い。

さらにこうした女性が都市部に出てきてそういう仕事をするし、でも農村戸籍の上にカネがないから病院にも行けないということで、都市部で感染が拡大し蔓延していくという仕組みが指摘されています。

こうした農村部出身の女性はすでに「なりすまし」などの方法で日本に多数入国し、最近あちこちで見かける中華個室マッサージ店で働いています。

こういう文化や社会の仕組みを日本国内に流入させてはいけません。

中国国内AIDSの実態などについては後ほど坂東学校にて詳しくお伝えしてまいりたいと思います。


 

【送料無料】自宅で検査 HIV検査キット AIDS エイズ 【fsp2124-6m】

価格:2,700円
(2015/5/20 14:23時点)
感想(19件)


・・・というわけで、日本に注意喚起を促すため、

今日も、ひとポチ! どうぞよろしくお願いします。


  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

坂東忠信8冊目のこの本も、おかげさまでまもなく1年。

保存用・閲覧用・回覧用と、

一家に三冊!お願いします。

現在9冊目を執筆中です。お楽しみに!



http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033134166&Action_id=121&Sza_id=A0

 

中国関連情報の発信活動継続の為、
 

坂東の活動にご理解いただける方、

坂東になら支援してあげても良い!という方、

より濃いネタをお探しの方、

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。

 


遅刻・早退・早弁推奨、

特に留年大歓迎の学校です。 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   

もちろんいきなりの本入校も大歓迎! 
    

本入校
皆様のお越しをお待ちしております。

JUGEMテーマ:旅行
author:坂東忠信, category:自然と健康, 14:26
comments(0), -, - -
餃子 真実と実利の戦い
みなさん、こんにちは。

たいへんなことになっていますね〜、ギョウザ。

まあ今までは、何となくヤバイんじゃないかというイメージだけでしたが、今回は身近で、
しかも食という本能に直結した問題ですから、これだけの騒ぎになるのも当然です。

詳しい経緯についてはテレビの放送に任せますが、報道されていない事実も、あるようです。

こんな事を報道できるのも、フジ系列ならではですね。↓

http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00126668.html

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080208/chn0802081831004-n1.htm

実は日本と中国の間に「日中記者交換協定」なるものが存在します。
簡単に結論を言うと、日本と中国は、お互いの不利となるような報道を控えよう、という約束なのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%8D%94%E5%AE%9A

しかし、産経新聞では、今でこそ何となくささやかれている中国の死刑囚からの臓器移植を、
もうたしか7年ほど前からすっぱ抜いていましたし、
私が中国人被疑者から直に聞いた、村対抗のケンカ(戦争?暴動?)などの
信じられないような話も、最近少しずつ報じられるようになってきました。

そういう事を考えると、私は上記2件の報道に関しても真実であろうと確信しております。

歴史の解釈にしても、今回の毒ギョウザにしても、日本は真実を、中国は実利を求めて、その認識が一致することはありません。
中国側は、どうにかして、「日本の過激分子が、日中友好阻害のため日本国内で毒を混入し、右翼勢力が報道をあおっている」
という結果に持っていきたいというのが見え見えなのです。

でも、こうした世論誘導も、中国政府にとってはメンツを賭けた外交戦略。
戦略ですからウソも真実もないのです。

中国政府の対応が、私が取り扱った中国人犯罪者のパターンと一致することなく、信頼回復に繋がるものであること、
そして日本国内で美味しい中華料理が手軽に食べられることを、私は祈っています。
author:坂東忠信, category:自然と健康, 11:52
comments(0), -, - -