RSS | ATOM | SEARCH
第12期第四回全人代の裏キーワード

みなさん、こんにちは。


今日もまずはひとポチを!
   ↓
人気ブログランキングへ   ありがとうございます!

 

中国で全人代が開催されている今、日本に伝えられていないけど話題になっている政治的キーワードが2つあります。


一つは「任志強」です。
 


共産党御意見番として注目を得ていた任志強は、不動産業の実業家で共産党員なのですが、この人物が党中央に対し、ミニブログの中で「共産党は党のための党なのか?人民のための党なのか?」

というごもっともなツッコミを披露。


これに対し共産党がどう反応するかに人民の注目が集まっていました。

ところが、中国共産党はこれに答えることなく、彼のブログを封鎖。

不当な批判ではなく当然の疑問を掲げたこのつぶやきに対する処置に、賛否両論沸騰し、中国共産党のケツに火がついた模様。


 

【人民のつぶやき【中国人の反応】企業家「任志強」氏、習近平指導部批判で微博(ウェイボー)アカウント閉鎖される→党規律違反で処分へ】

http://peoplechina.xyz/weibo-account-of-renzhiqiang-blocked/

既存の共産党を中心として国際社会における中国の再興を目指す勢力と、新しい民主的勢力により国内の立て直しを目指す勢力が活況を見せております。

 

この任志強、なんでこんなに強気でいられるかというと、彼は習近平の右腕(ナチスで例えるならゲシュタポ長官ハインリヒ・ヒムラー)である王岐山の古くからの友人なのだそうです。


そしてもう一つのキーワードは「公開信」、公開書簡です。


これもまた日本で報道されていないのですが、習近平への辞任勧告を目的とした公開書簡の掲載と拡散が大きな話題となっています。


 

この公開書簡は、ウイグル自治区政府系のニュースサイト「無界新聞」に掲載されたのですが、このメディアは本来政府系。

政府系メディアといえば、先日も人民日報が「中国最領導習近平」(中国最期のリーダー習近平)という致命的な「誤字」を拡散し、後でお詫び文を出し「中国最領導習近平」の誤植?であることを釈明しました(^_^;)

 

中国でも記事作成はPCで、文字入力はピンイン、つまりアルファベッドを使うのですが、「最后」は「zuihou」、「最高」は「zuigao」、

どう考えても打ち間違えないでしょ(笑)


 

おそらくこれには、この記事でお伝えしていた出来事が関連していると思われますよ。

拙ブログ【第四の「官方媒体」利用説明

http://ameblo.jp/japangard/entry-12139830205.html


 

さて、その習近平に対する辞任勧告公開書簡の内容全文については、すでに翻訳済み。


詳細は坂東学校でお伝えいたしますが、この作成に関わっているのではないかとされる複数の評論家や「無界新聞」関係者が失踪しており、一部は共産党に身柄を確保されていたことが明らかになっております。


 

あ、それからお知らせです。

 

もう一つの拙ブログ「太陽にほえたい!」右側の「公開講演のお知らせ」ですでに掲載しておりますが、明日は埼玉県さいたま市で、「日本のこころを大切にする党」埼玉県支部さんの主催で講演講師として登壇いたします。
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第4回 IFCON in埼玉 

日時:3月26日(土)18時(17:30開場) 

場所:次世代政策研究会(日本のこころ党埼玉) 
    さいたま市北区土呂町2−17−3 
    グランドステータス土呂ビル 4F

講師:坂東忠信
タイトル:
「日本のこころを大切にするための、
 国際犯罪の裏と対策」 

会費:5百円(資料代) 
予約:メール(kurosu.akemi@gmail.com)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~
当然ながらこちらもアブない話題満載でお伝えします。

お時間のある方、どうぞお越しくださいね(^o^)
 

・・・あっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)
  ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

 

【三段式防弾カバン】/鞄/防弾バッグ/防護カバン/防護バッグ/警護カバン/警護バッグ

価格:129,600円
(2016/3/25 15:37時点)
感想(0件)


アジア特濃ネタをお探しの方、


日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。
 
 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   



もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております! (^o^)/

 
JUGEMテーマ:ビジネス
author:坂東忠信, category:中国政府の動き, 16:02
comments(0), -, - -
第四の「官方媒体」利用説明

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを!
   ↓
人気ブログランキングへ   ありがとうございます!

 

今年に入ってから習近平がやたらと強調し、中国各メディアが警戒しているフレーズがあります。


 

それは「党媒姓党」

 

中国共産党のメディアは党の方針に従った報道をすべきである、という情報統制です。



 

先月、習近平が「新華社(国営新聞)」「人民日報(党機関紙)」「中央電子台(国営テレビ)」の三大メディアを視察したそうです。
 

(中国ではこれらを「官方媒体」と言います)


 

その報道によると、この時の世論工作に関する座談会の中で、党のメディアに関する重大なお話があったそうです。


 

一応、誤解のないように申し上げますと、日本で「工作」というと、コソコソと根回しなどを進めて都合のいい結果を導き出す裏工作か、小学生の図画工作を思い浮かべますが、中国語では仕事や活動など「やること」「作業」を広く「工作」と表現します。

その中で、習近平は、

● メディアは党のものであるから党の意思を体現した報道をしなければならない。

● 党の主張を反映し、党の中央政権と団結を維持することで、愛党精神、護党精神を形成し、党のためを考えるに至るべきである。

● 党中央を皆が見て意識し、思想・政治・行動上において高度な一致を保たなければならない。

● 党のメディアの使命は公明正大なる旗を掲げて事の是非を明らかにし人民を導き、

● 党を堅固に支持し正確に世論を導き、プロパガンダのリーダーシップを正面切って発揮すべきである!

・・・と語ったそうです。
 

「官方媒体」ではない、アメリカワシントンにある中華系メディア「自由亜州電台」もこれを報道しています。

http://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/meiti/m0225freedom-02252016095635.html

でも、この中国共産党が発信する「指導」「誘導」「報道」として発信しているのが、中国中央電視台日本支局と同じビルに同居するNHK。


 

実際にNHKは高市大臣の停波に関する報道はしても、

中国が公言までしている情報操作に関しては報じてないでしょ?

しかもこの中国第四の在日「官方媒体」、契約視聴者の皆様の住所・氏名・電話番号・銀行口座番号などの個人情報を握っている上に、プロレスラーの長州力まで使い受信料「徴収力」を上げ、さらなる集金Payを狙うという、ギャグのキレも絶好調の洗脳組織。

どうしてもこの組織が発信する情報、特に中国情報を利用するなら、以下の項目に対するチェックが必要です。

具体的に言うなら・・・

● どこから

(中国新華社が)

● どんな事象を

(中国の株価下落について)

● どんな情勢の時に

(全人代が開かれている今)

● どんな内容で

(「一時的なもので長期的には順風満帆」「ソフトランディングが可能」としてと五カ年計画経済指標6.5%を示したと報道し)

● 誰のために

(政権崩壊したら殺されかねない中国共産党幹部や大手経営者のために)

● どう導くことを目的として

(投資を続けてもらう目的で)

● 誰に対し発信されているか

(いいなり報道局のNHKを盲信する日本国民に対し発信した)


さらにその結果として


 

● 誰が反応し

(日本の親中評論家が)

● どのようにその報道を評価・利用して

(「中国経済は思ったほど悪くない!」と評価し、経済的信用に箔を付けて勢いを感じさせることで)

● どんな動きに発展しているのか

(東芝が負けを認め、中国の「美的集団」に白物家電分野を売却することが決定した)

中共情報垂れ流しの直飲みは情報消化不良による下痢便を誘発し、情報感染を拡散します。ご注意ください。
 


・・・あっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)
  ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

頭がいい人の情報操作術

価格:586円
(2016/3/16 16:56時点)
感想(0件)

アジア特濃ネタをお探しの方、


日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。
 
 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   



もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております! (^o^)/

 
JUGEMテーマ:ビジネス
author:坂東忠信, category:中国政府の動き, 09:50
comments(0), -, - -
工作組織の全容と、ちょっとした年末のジャブ(笑)

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを! どうぞ宜しくお願いします。
   ↓

人気ブログランキングへ  ありがとうございます!
 

ここ連日の坂東学校のネタは、かなりマニアック。

最近、中国民主活動家寄りの某メディアから、一瞬だけネット上に出てあっという間に消されてしまった、中国の諜報・公安機関の全体像についてお伝えしております。

中国の情報工作機関は多数ある上に、そのすべてが数字で名付けられていますので、これまで具体的に把握されたものがほとんどないのですが、それが一瞬だけ出て、消されました。


 

普通、民主活動家系の中国メディアは多少の圧力に屈しませんので、記事を削除することはまずないのですが、この記事が直ちに消されたところを見ると、中国政府にとっては絶対に出してはいけない内容で、相当の圧力がかかった模様。

で、それを入手(^O^)/


 

まず、中国の主要な権力は「党」「政府」「軍」の3つが構成しています。


 

そしてそれぞれが別系統の情報網を持ち、これらと繋がり末端にある多数の協力者が、どの情報をどの有力者に繋がるどの機関に提供すれば自分に有利かを考え、情報のやり取りをしているのです。


 

共産党の情報機関としては、「中聯部」が有名で、この機関は中国共産党中央委員会の責任で対外工作を行う部門。

主要な任務として、
 

● 中央による工作方針や制作の実行徹底


● 国際情勢や重大な国際問題の発展変化の追跡


● 党中央に対する関係情況報告や対策の上申


をし、これにより中国共産党は外国の政党や政治組織とやり取りをしたり、連絡を取ったりするのです。

・・・というのは公開されている表面上の話。


 

でもこれすら日本では伝わっていません。

この組織ひとつにしても、内部には全部で8つの局があり、世界のあちこちで諜報工作活動を展開中、しかもこういう組織が中国には7つくらいあります。

中には韓国側に買収されて銃殺刑になっちゃった局処長クラスがいたことも判明。

残念ながらこれを中国国内に伝えることができなかった民主活動家寄りの情報メディア社内においても、様々な活躍や暗躍、工作が炸裂していたことでしょう。



 

そして、日本国内で活動する、被害者ぶった民主活動家の中にも、いるんですよ奴らの仲間が。


 

最近じゃ新規民主活動家から入会金40万円も取って、おまけに月額3万5000円だそうですが、真面目な活動家がよりによって俺のところに来るほど困っちゃってるなんて、どれだけ暴利を貪ってんだよ?(^_^;)

それ、党本部は知ってるのか? 



代わりに俺が電話で領事館に申告しといてやろうか?
集金が来るぞ(笑) 




それからおい、LFのとっつぁん、LSのだんなよ、末端工作員なら副業はもうちょっと慎ましくやれや。



 

俺が領収書を入手してたらどうすんだよ二代目の弁護士先生よ?


・・・おや、こんなところに黄色い紙が。



まあ年末なのでこれくらいにしてやりましょう(笑)

二代目先生、落選先生と相談して、ちゃんと申告まとめとけよ(^O^)/


・・・あっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)
  ↓
人気ブログランキングへ 
ありがとうございます!

 

三段重箱 輪島刷毛塗 沈金飛松 ダイニング お弁当/WA-5

価格:44,820円
(2015/12/28 10:43時点)
感想(0件)


アジア特濃ネタをお探しの方、


日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。

 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   



もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    

本入校

 
author:坂東忠信, category:中国政府の動き, 10:59
comments(0), -, - -
中国側の予兆をつかめ!

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを! どうぞ宜しくお願いします


  ↓

人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

アメリカがスプラトリの中国基地(ファイアリークロス礁基地)に艦隊を差し向けていることはすでにお聞きのとおりかと思いますが、現時点ではまだ中国側から目新しい情報は入っていません。

おそらくこれには中国側が別に建設中の「赤瓜島」基地の展開や、これに近い台湾の太平島灯台の完成も関係しているのではないかと思われます。
 

ちなみにこの台湾灯台は完成間近、運用開始は台湾総統選挙が盛り上がる今年末からの予定。

これらの詳細は坂東学校にて後ほどお伝えする予定です。


 

さてこの米艦隊の現地入りに対する習近平共産党の対応としては、まず常々申し上げているとおり。

つまり、解放軍は一人っ子軍であり、戦死者が出ればお家断絶となるため解放軍兵士は戦いませんし、解放軍事態も戦死者が多数出て遺族補償することになるような戦いはできません。

せいぜい基地内に立てこもって姿勢を示し、攻撃されないことを祈るくらいしかできませんが、そうでなければ核兵器を使うしかないのです。

当然アメリカは様々なシミュレーションをして覚悟の上での行動でしょうが、どう見ても哀れなのは最近中国ベッタリの韓国(笑)

その背中では、もう完全に中国と縁を切った北朝鮮が、舌なめずりをしつつ反応を窺っています。

つまり南シナ海のお話でありながら関係ないどころか、場合によってはすぐにも日本に影響が出かねないお話なのですよ。

またこれで中国がヘタレな対応を見せれば、総統選挙を控えた台湾でも、台中統一を掲げる国民党は完全にその支持と勢いを失うでしょう。

艦隊を率いて乗り込んでくるからには、アメリカもそこまで視野に入れているはずで、おそらくフィリピンなどから基地への寄港・提供などの協力を取り付けていると考えられます。

つまりちょっと行って帰ってくるような話ではないはず。

さて、皆さんにご協力をお願いしたいことがあります。

まず、最も中国人が組織化されやすい各大学では

1 学内で中国人留学生だけで集まり様子がおかしい

2 突然中国人留学生の数が減った or 増えた

3 食堂などで日本人や他の外国人を避け中国人だけで集まるような動きがある

4 授業が終わった後、中国人だけでどこかに集まっている 

5 クラブやサークル活動に突然出てこなくなる

などがありましたら、注意が必要です。

特に2、3は要注意。

また、会社や工場などでも
 

1 突然早退する中国人が増えた

2 社員寮から夜中に外出していく中国人がいる

3 「日本人としてどう思うか」などさり気なくリサーチしてくる

4 仕事を急に休む、突然辞める

(但し、これは中国人にはよくある:笑)

というのも要注意。

客観的に見て「これは異常」と感じたら、どんなことでもいいので、交番のおまわりさん、もしくは署の受付に相談してみてくださいね。

・・・あっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)
  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

 

革命前夜 [ 須賀しのぶ ]

価格:1,998円
(2015/10/27 16:45時点)
感想(0件)

 

8月1日に坂東忠信冊目

「中韓に食い物にされるニッポン」

が発売になりました!


在日特権の数々を具体的に明記、詳細を説明。
また天安門虐殺慰霊マップ、偽装難民の実態など、目からウロコ!どころか「目から眼球!」クラスのネタ満載でお届けしております。

よろしければどうぞ御覧ください!
皆様のご感想をお待ちしております。

author:坂東忠信, category:中国政府の動き, 16:51
comments(0), -, - -
南京虐殺ユネスコ登録に不都合な記事が消されていた。が・・・(笑)

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを! どうぞ宜しくお願いします


  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

南京虐殺とやらがユネスコの記憶遺産登録を果たしたとかで、中国側と一部の特殊な日本人は大喜びしています。

そもそも1987年12月13日の南京虐殺記念館オープン当時、同記念館に来るのは日本人しかいないと地元の人が話していることなどが、1987年12月15日の中国青年報に掲載されていたのです。

ところが現在、この元記事は完全に削除されていて、今同じアドレスには、南京虐殺の忘却に注意を促す記事が掲載されています。

おそらく当時新聞として発行されていた中国青年報があれば元記事は見れるのですが・・・

残念ながら原文は私もコピペしていませんでしたので、キーワードで検索してみました。

すると検索結果には出てくるのですが、リンク先にはこんな表示が出てしまうのです。

訳:「ごめんなさい、あなたが訪れたブログはすでに管理人によって遮られています。」

やっぱり、虐殺から50年後の南京市民の無関心さや「虐殺関連イベント」に覚め切った南京市街の様子を記した記事は都合が悪かったのでしょう。

・・・でもね。

実はその時の記事、
消される前に
きっちり翻訳
保存しておりました!
てへぺろ (*
´ڡ`)

翻訳内容や詳細は坂東学校にてお伝えしておりすが、これは現在ユネスコ登録に反対する我が国の国益に直結する話ですので、近いうちに坂東学校特別学級3年Z組の学生さんがあちこちに貼りまくることでしょう(笑)

どうぞお楽しみに!

・・・あっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)
  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

沖縄の不都合な真実 [ 大久保潤 ]

価格:799円
(2015/10/23 10:10時点)
感想(5件)


8月1日に坂東忠信冊目

「中韓に食い物にされるニッポン」

が発売になりました!


在日特権の数々を具体的に明記、詳細を説明。
また天安門虐殺慰霊マップ、偽装難民の実態など、目からウロコ!どころか「目から眼球!」クラスのネタ満載でお届けしております。

よろしければどうぞ御覧ください!
皆様のご感想をお待ちしております。

author:坂東忠信, category:中国政府の動き, 10:21
comments(0), -, - -