RSS | ATOM | SEARCH
難民収容に関する報道の裏側(坂東学校授業参観ご招待!)

本日6月20日は世界難民の日です。

たぶんマスコミも夕方のニュースの時間には、こんな話題⬇で盛り上げてくることでしょう。

 

 

【独房に監禁、医療受けさせず死亡、腐った給食―難民虐待の東京入国管理局】

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170913-00075687/

 

入管収容者が集団ハンスト 東日本センター 長期の拘束抗議

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018041702000255.html

 

 

まだこのときの主役は難民ではなく不法滞在者だったようですが、今そこに、収容された難民が加わっているのです。

 

 

坂東学校ではすでに1年前に、入管収容施設内部での接遇に関する問題の背景をわかりやすく説明しています。

 

 

本日は、説ブログを御覧のみなさんまでもが、こうしたマスコミの世論扇動にだまされないよう、坂東学校「学校長報」の一部を公開!

 

 

ブログをご覧のみなさんも、本日は本校授業参観にご招待しております(^o^)

※ これはごくごく新入生向けの記事です。

 

 

よろしければ、⬇どうぞお入り下さい。

 

坂東学校 学校長報【複数外国人の入管ハンストの裏側】

http://bandou.an-an.org/index.php?QBlog-20170612-1

 

 

・・・で、今は収容されている難民申請者も施設内でハンストなどをやって、入管の外側では収容に反対するデモなどが行われていいるのです。

 

 

そもそもなぜ難民申請者が収容されているのか?

 

マスコミはそれを伝えることはないでしょう。

伝えたら人権商売が成り立たず、人権派の金のなる木が枯れてしまうからです。

 

 

で、本日の坂東学校 学校長報は、難民審査のシステム改善で、いま入管がどんなことになっているのかについてお伝えしております。

 

 

こっちは会員さん限定。

今日の授業はハイレベルだよ(^o^)⬇

 

学校長報【「難民収容虐待(?)記事」のウラ。】

http://bandou.an-an.org/index.php?QBlog-20180620-1

 

なぜ申請自体は増えていて、なぜ「非正規」つまり不法滞在者からの申請が少ないのか?

そうした裏事情や入管側の努力を、マスコミは伝えないのです。

 

 

まあ、こうした問題を「金のなる樹」に育てるため、外から弁護士などが様々な入れ知恵をして、「難民」になりたい外国人や収容されている外国人にアドバイスしたりもするようですので、そりゃ無茶苦茶な要求をする外国人を相手に、入管職員だって大変。

 

 

たまには辛く当たることもあるかと思いますが、

私も虐待や拷問には反対です。

 

しかし、報道機関が裏事情や経緯、審査システムも書かずに感情に訴えて世論先導し、問題を解明するのではなく「作り出す」やり方にも断固反対。

 

 

結局のところ、これが目的なんだから⬇

なんぶユニオン、正直すぎるだろ(笑)ちょっと考えろよ(^_^;)

 

 

本当に助けを必要とし、命からがらでたどり着き申請する難民庇護申請者を保護するため、偽装難民・寄生難民は徹底排除すべきです。

 

みなさんも騙されないようにお気をつけ下さい(^o^)

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓

 

帰宅難民にならないために帰れるセット・避難セット

価格:6,577円
(2018/6/20 13:10時点)
感想(0件)

私のセミナーは7月から始まりますよ〜!

どうぞお楽しみに(^o^)

 

https://イシキカイカク.com/seminar/1900/

https://イシキカイカク大学.com/courses/11

 

坂東学校仮入校はこちら

     ↓

   

 


もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております(^o^)

JUGEMテーマ:社会問題

author:坂東忠信, category:移民・難民問題, 14:45
comments(0), -, - -