RSS | ATOM | SEARCH
沖縄で見てきた琉球武士の姿

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

政治ランキング

 

 ありがとうございます!

先日沖縄に行って講演してまいりました(^o^)

 

当日はこの冬一番の寒さ(とは言っても私にすれば暖かいくらい)に加え、自衛隊音楽祭、さらに具志堅用高さんの弟子の初防衛戦が重なり、

「まあ30人くらい来てもらえればいいかな」

なんて思っていたのですが、なんと定員80人を超えて100人ほどの満席御礼、書籍完売でした。

 

 

暖かくお迎えいただいた沖縄の皆さん、また音楽祭だというのに駆けつけてくれた自衛隊将兵の皆さん、誠にありがとうございました(^o^)

 

 

さて、みなさんは「沖縄」の武士について考えたことはありますか?

 

 

沖縄というと白い砂浜の碧い海をバックに、青い空の下でヤシの木がそよぎ、本土側と違う音階で優雅に歌い踊る沖縄の人たちを思い浮かべますが、その先祖をイメージするのは難しいでしょう。

 

 

しかし、沖縄県民でさえ、沖縄の武士がどのような武装をしていたのか、どんな武器を使っていたのかについて知りません。

 

 

沖縄の中高年でさえ


「平和な島だったから、戦があってもほとんど素手で戦っていて、
 唐手が普及し発展して空手になったんだよ」


なんて真顔で言うくらいで、そのイメージもこんな感じらしい。

 

 

長い麺打棒を持った、やる気満々の蕎麦職人みたいにしか見えませんが、これで城を守っていたと思いますか?(^_^;)

 

イメージは大切です。

 

 

ここ7年ほど前から中国が露骨に


「沖縄は琉球王朝の頃からの朝貢国で中国の支配が及んだ地域であり、日本の一部ではなく独立国である」
 

とか、
 

「その帰属は中国にある」
 

などとの情報を公的に発信しながら尖閣ににじり寄っていますし、最近は新編成された解放軍の「東部戦区」の空・海軍が緊密に連携して宮古島をすり抜け、太平洋上で軍事演習を展開しています。

 

 

その狙いは、こうした軍事行動を常態化させ、日本側を慣れっこにして抵抗を失わせようとしていることが明らか。

 

 

そんな中、同時に沖縄県民や日本人全体が
 

「沖縄は日本とは異なる歴史や文化をもつ独自の社会である」
 

かのような誤ったイメージを持っているなら、その防衛意識に底力がなくなるでしょ?

 

 

そんなわけで今日の坂東学校では、先日沖縄到着後、講演の前に、恩納村博物館に行って見てきた「沖縄の武士の装い」についてのお話。

 

甲冑マニアならではの鋭い目線で、出土品から「沖縄の武士の姿」をお伝えします(^o^)

 

おそらく学芸員さんも気づいていないかもしれない、すごい発見があったんですよ。

どうぞお楽しみください!

 

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓


政治ランキング

 

 ありがとうございます!

 

 

おーっとこっちもポチッとどうぞ(笑)

保存用・閲覧用・回覧用と

一家に3冊あると、とっても便利(^o^)

 

Amazon⬇

寄生難民 寄生難民

 

Amazon

 

 

 

楽天⬇

寄生難民 [ 坂東忠信 ]

価格:1,296円
(2017/11/1 16:47時点)
感想(0件)

 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 

   

 


もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております(^o^)/

 

JUGEMテーマ:旅行

author:坂東忠信, category:歴史, 09:18
comments(0), -, - -
Comment