RSS | ATOM | SEARCH
韓国の通貨スワップ終了。きこえんなあ。

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

政治ランキング

 ありがとうございます!

JUGEMテーマ:旅行

 

韓国って、メンツを重んじる国ですから、自国がどんなに苦しくなっても「通貨スワップ、またお願いします!」なんて言わない上に、10億円受け取っても売春地蔵作って建てて悲劇の韓タジー(ハンタジー)もりまくりで因縁つけてましたよね。

 

 

・・・もう聞く耳も持ちませんよ。

 

(私の大好きな「花の慶次」より)

 

 

当然ながら、2013年7月3日、日韓通貨スワップ協定満期終了、

2015年2月23日延長なしを宣言して完全終了。

 

 

そして昨日10月10日、中央日報が「韓中通貨スワップ、事実上延長に合意」と記事をぶち上げましたが・・・

 

韓中通貨スワップ、事実上延長に合意

http://s.japanese.joins.com/article/175/234175.html?servcode=A00&sectcode=A30

 

 

・・・いつも通り、爆音けたたましい妄想族の飛ばしっぶりで、中国もケツ持ちを辞めました。

 

 

【中韓の通貨スワップ協定が期限切れ THAAD配備が影響か】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171011/k10011174141000.html?utm_int=error_contents_news-main_006

 

(「北斗の拳」より、ウイグル獄長のお言葉)

 

 

これでもう国際社会においては、韓国ウォンの危機を救う信用の後ろ盾がなくなってしまったのです。

 

というか、「通貨スワップがなくなった」だけの話なので、これで普通の国と同様に、自力の経済運営ができれば、

なーーーーーんの問題もないんですけどね。

 

 

たしか、こんなことが以前もあったような気がしますが、あのときは国際通貨基金(IMF)が助けてくれました。

 

 

しかし今回は2度めです。

 

 

しかも世界が認める非人道テロ国家北朝鮮に8億9千万円分も「人道」支援するとか言ってる国ですから、さすがにIMFも二度目のお願いは聞いてくれないんじゃないかなと思いますよ(^_^;)

 

 

【北朝鮮支援、反発に配慮 韓国決定、時期を未定に 

8億円の人道援助】

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H3D_R20C17A9FF1000/

 

 

つまり、国際社会に通用する国家の体をなしていない、そうした国家を形成することが出来ない民族であると判断された場合、当然ながらその危機を「国」として救ってもらうことはないでしょう。

 

ちょっと残酷ですが、普通の経済運営が出来ないことを前提にお話しすると、今後はせいぜいその時ごとに発生する事態に応じて、自国の政府にその活動を支援してもらえる海外ボランティア団体が、アクションを起こす程度じゃないかな、と思いますね。

 

 

ウォンが通貨の信用を失うと(と言うかもう失っているのですが)、まず外国企業が韓国側と取引をしたがらなくなりますが、韓国企業が安心できるドルに両替するにも、ウォンではドルが買えない。

 

 

「ウォン大丈夫だよ!」

と言っても

「ウォンがヤバくなっても、もう日本も中国も助けてくれないじゃん」

という話になって、他国の誰にも経済的に相手にされず、輸出入業から経済活動がストップします(-_-;)

 

 

しばらくの間なら、ウォンも韓国国内で使えるでしょうが、物資の輸入が滞れば物価が徐々に高騰しつづけ、そんな社会で真面目に働いても労働者に支払われる給料はウォン。

 

 

誰もが通貨に信用を置かなくなって、わずかでも輸出に頼る商品から物価がガンガン上がり、「ウォン金持ち」も「ウォン貧乏」も、持っている、あるいは持っていない通貨が意味をなさなくなります。

 

 

この結果、国民総火病でブチ切れてパニックになるかうつ状態になり(うつも火病の症状の1つです)、半島にめちゃくちゃでダルダルな社会が出現する可能性があります。

 

 

これを回避するためには、世界の信頼を獲得し期待を集めるだけの完全新体制政府と新体制経済システムが誕生しないと、まあ、ダメですね。ムリでしょ?(^_^;)

 

 

現在の国際化時代にそういうことになれば、貿易なしの両班時代のような、国内限定経済社会時代に戻るか、物々交換のレベルになりますが、海外生産部品も組み込まないmade in韓国製品だなんて、私もどんなものとも交換したくないですよいつ爆発するかわかりませんし。

 

(ご注意ください⬇)

【【画像】中国製や韓国製であることをごまかす

 ”Made in PRC”、”Made in ROK”表記が増加中】

http://hosyusokuhou.jp/archives/43841978.html

 

 

 

というわけで、この国はどこかの国に接収される可能性があります。

 

 

特に半島は昔から事大主義ですから、誇り高く高評価を得るために身を寄せる国を探すでしょう。

 

 

で、当然ながら、テレホンヘッド将軍がこめかみにメガネをめり込ませるほど期待に頭を膨らませ、「金三胖」悲願の南北統一に打って出る可能性はありますよね。

 

 

元は同胞ですし、異民族国家の中国には取らせまいとする正当性や、同じ民族を救うという大義名分も立つわけですから、機を見てしかけないはずがない・・・と私は思うのです。

 

 

その統一の方法が、

● 開戦して制圧することになるのか、

● 平和的に救いの手を差し伸べるのか

が問題ですが、はたまた助け舟を出されたとしても韓国がどう応えるのかによって、死人の数が変わります。

 

 

まずありえないと思うのですが、アメリカや中国が黙認して平和裏に統一できたとしても、ドイツの東西統一を遥かに超える南北の経済的・文化的・政治的ギャップがあります。

 

 

しかもどんな手段であれ統一となれば、主導は北朝鮮側が握っている上に、南下してくる北朝鮮人民は貧乏慣れしていて、韓国が大混乱に陥るのは確実。

 

 

その先は拙著「寄生難民」に描いたとおり(-_-;)

 

拙著【寄生難民】

https://www.amazon.co.jp/寄生難民-坂東忠信/dp/4792606012/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1504673284&sr=1-1&keywords=寄生難民

 

 

・・・ってなことになると、日本も大変なことになって、本が売れてもまったく嬉しくないどころか、私なんか危なくて外が歩けないよ(^_^;)

 

 

「歴史は繰り返す」なんて言われますが、各個人が情報端末を持ち発信できるこの時代だからこそ、予測不可能な事態が次々と発生することでしょう。

 

 

「韓国ざまあ! 慰安婦捏造のタタリだ!」 

・・・なんて笑ってられるのもあと僅かでしょう。

 

今考えなくてはいけないのは、

「日本にどんな影響が及ぶか?」です。

 

国民の安全確保を第一に難民対策を語れる、日本のための政治家を応援しましょう(^o^)

 

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓


政治ランキング

 

拙著新作「寄生難民」も、どうぞご覧ください(^o^)

寄生難民 寄生難民

 

Amazon

 

 

 

村田春樹先生講演会三つのお知らせです!

 

三つともほぼ同じ話だそうですが、本邦初公開、驚く話しばかりですので必見。

いずれか御都合良い方にご参加を!

事前連絡不要、直接お越しください。懇親会あり、講師も参加。

 

★日時10月14日(土)午後1時30分〜5時

場所 JA共済埼玉ビル第11会議室(大宮市土手町1-2 大宮駅東口下車左(北方へ線路沿いを歩いて10分)

講師 村田春樹

演題 皇位継承に関する諸問題 譲位・憲法そして三島由紀夫

   講演に先立ち 参議院議員和田政宗先生より国会報告

参加費 無料

主催 日本の明日を考える埼玉県民の会

   事務局 蓮見一郎(090-3247-3392)

       竹本博光(090-8815-4986)

 

 

★日時 10月15日(日)午後1時30分〜4時

場所 船橋市勤労市民センター2階第一講習室

      船橋市本町4-19-6 JR船橋駅中央口を出て南口方面徒歩5分、京成鉄道高架線路をくぐるとすぐ、マツモトキヨシあり、この飲食街を通ってすぐ。

講師 村田春樹

演題 皇位継承を巡る諸問題 譲位・憲法そして三島由紀夫

参加費 500円

主催 船橋・史の会 愛甲浩一郎(07053754915)

 

 

★日時 10月18日(水)午後6時開場6時20分開会〜8時30分

 場所 大阪市立総合学習センター(大阪駅前第二ビル五階第五研修室)

 講師 村田春樹 

 演題 「楯の会」の遺したもの

 参加費 2,000円(会員は1,000円) 学生200円

 主催 21世紀日本アジア協会(日亜協会) 林(090-3055-5133)

 

以上、どうぞご参加ご検討ください(^o^)/

 

 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 

   

 


もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております(^o^)/

author:坂東忠信, category:韓国・朝鮮, 12:04
comments(0), -, - -
Comment