RSS | ATOM | SEARCH
手作り甲冑 31 草摺の下地塗り

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

 

今日は天気がいいのですが、あまりに暑いので、甲冑を作ろうにも気合が必要です。

 

今日は草摺の色塗りをお伝えしますね(^o^)

 

前回は下地を塗りました。

【手作り甲冑29 謎の作家の草摺塗装で、ご近所さんドン引き。】

http://ameblo.jp/japangard/theme2-10094717129.html

 

まず、塗料が乾燥したら、裏側に出た孔のドリルのバリを取ります。

 

塗る前に取っておくといいのですが、下地が乾いて固くなってからのほうが削りやすいんです。

 

 

 

 

で、これを2回3回と塗り重ねますが、しっかり乾かしてから次の塗装をしますので、どんなに急いでも2日に1回くらいしか塗れません。

 

 

そして色をぬるたびに、合成漆で塞がってしまったすべての穴に千枚通しを入れて、穴を開けなおし、また塗装するのです。

 

 

ドリルでぴっぴっと穴を開け直ししたほうが楽なのですが、ドリルでやると塗料を削って生革の表面が出てしまい、威糸(格段を吊り下げ連結する平組紐)が雨に濡れたりすると水分がしみて生革の板が傷んでしまうので、塗料を剥がさぬよう千枚通しで押し広げるのです。

 

 

まあ、奉納しますので雨に当たることはないのですが、私が死んだあと沖縄有事となった場合は、日本の神様やみなさんと霊魂合体して本気で暴れる予定ですので実用的なのを作らなくちゃ(笑)

 

 

 

 

草摺に合いている威孔(紐を通す穴)は全部で大体3500個くらいあります。

 

調子に乗って手際よくやっていると、たまに指に孔があきそうになります。

ブツっといっちまいましたいてて(笑)

 

こういうこともたまにあります。

 

 

 

・・・国内にしっかりとした保守政権が確立し、極左崩れや工作員協力者みたいな国会議員が絶滅したら、年金暮らしでこういう作業をのんびりやりたいものですが、まあ次は難民が来たりもするでしょうから、日本はそれどころじゃないでしょう。

 

甲冑師は来世かな(^_^;)

 

 

それと、沖縄での奉納式のときにはうちの両親が行きたいなんて言っていますし、もう80になりましたので、早く仕上げないとね(^_^;)

 

 

しかし、こうやって塗装して干していると、やっぱり変です(笑)

 

 

ご近所様が見ていないようで、結構よく見てますよ(^_^;)

 

 

ご近所様ならいずれご理解いただけるのですが、一領目の甲冑なんか、完成したときに庭で試着してフル装着したまさにその時、たまたまクロネコヤマトさんが配達に来てしまいました。

 

 

ものすごく気まずかったですよ。(-_-;)

 

クロネコ 「こんにちはー! お届けも・・・の、で・・・・す。。。」

 

私 「あ〜どうも〜、ありがとうございます(ガッチャ、ガッチャ)」

(↓当時のイメージ)

 

 

石化ドン引きするクロネコスタッフに、物々しく接近。

 

「え! あっ・・・これ・・・荷物です・・・」

 

口ごもりながら、ぜったい目を合わせずに、下を向いて小包を差し出すクロネコ。

 

 

私 「あ、サインですよね・・・あ、ペンが・・・、すみません」

 

体を正対せず半身に構え、下を向いたまま硬い表情でペンを差し出すクロネコ。

ペンを受取り、サイン。

 

 

私も「何か言わなくてはいけない」と思い、聞かれてもいないのに言い訳。

 

 

私 「あ、ああ、これ、明日ね、武者行列なもんでね、ちょっと、ははは、ははは」

 

クロネコ 「あ、ああ、そうだったんですね、よかった、あは、あは」

 

・・・って、何がよかったんだよ?

 

 

本物のネコはもうこうした状況に慣れております。

 

まあこれも、甲冑師を目指す者が必ず通る道・・・なわけないよね。

 

 

くじけずに、次回仕上げ塗りに入ります(^o^)/

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

 

 

沖縄の龍柱の魔力を封じ込める手作り甲冑製作にご協力頂いた方のお名前を、胴の裏側に明記して、沖縄の神社に奉納します!

 

 

詳細はこちら↓ どうぞご検討下さい(^o^)

 

【みんなで国体と沖縄を守る甲冑を奉納!

 「鋼鉄の護国武人計画」】

http://bandou.an-an.org/index.php?沖縄護国武人計画

どうぞご検討下さい(^o^)

JUGEMテーマ:アート・デザイン

author:坂東忠信, category:沖縄 鋼鉄の護国武人計画, 08:33
comments(2), -, - -
Comment
ホボ、完成に近づいて来ましたナ。ホンでもここまで手がかかるモンとは・・・。
エル・バカターレ, 2017/07/11 8:48 AM
甲冑の奉納によって、沖縄・龍柱の魔力が封じ込められますように、微力ながら私も祈りをささげさせていただきます。
長坂秀雄, 2017/07/11 3:18 PM