RSS | ATOM | SEARCH
台風と募金箱に気をつけよう。

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

 

 

なんだか今年は桜が散ったらそのまま夏になったような天気でしたが、まとめて凶暴な梅雨が来た模様。

 

 

福岡、大分方面では安否不明の方々や、犠牲者も確認されたとのこと。

 

【1人死亡、22人安否不明 福岡・大分】

https://mainichi.jp/articles/20170706/k00/00e/040/262000c

 

 

お亡くなりになった方々のご冥福と、被災地の皆様のご無事をお祈りしましょう。

 

 

 

温暖化の影響か、ゲリラ豪雨などの、以前はあまり話題にならなかった異常気象がよく見られるようになりましたし、これまで日本では生存できないはずの有害な昆虫や動植物も、海外からくっついて上陸しています。

 

 

自然環境と動植物の生態系は少しずつ変化していくのでしょう。

 

いや、詳細なデータが過去の記録にないため私達が知らないだけで、こうした自然環境は歴史を通じて常に変化し続けていたはずで、それこそがまさに自然なのでしょう。

 

 

時に凶暴な自然環境の変化に対処できる文明や、国民相互が助け合う精神文化を保ち発展させていくことは、「国家防災」という「国防」充実のひとつでもあると思います。

 

 

また、日本を敵視する中国、北朝鮮、裏切りそうな韓国などの軍事的侵攻から国を守る「国家防衛」、難民の暴動やテロリストによりガタガタにされている欧州各国に不足していた治安維持力による「国家防犯」と合わせ、この3つをもって「国防」と捉える国民意識が必要です。

 

 

なぜなら、これがなければ、日本は今の時代、災いを防ぐことができないからです。

 

 

例えば、反日国家からの特命で潜伏するテロリストが自然災害を引き起こすテロ計画が明るみになった場合、共謀罪でガタつく国会とか、自衛隊や警察を「暴力装置」呼ばわりする閣僚がいる内閣、ポジティブリスト(「やっていいこと」だけが定められているため、定められていないことはやってはいけない)に忠実すぎる防衛省とか、テロリストに対処するような装備がない警察が、頼りになりますか?

 

 

国防と言う課題に対し、国は統一した見解と国家概念のもとに、組織力を充分に発揮して迅速適正に対処する必要があるのです。

 

 

そのためにはこれに賛同する世論が必要で、世論を喚起するためには実情を説明し、多くの方々のご理解が必要。

 

 

そんなわけで、私が理事を務める(社)全国防犯啓蒙推進機構(略称:全防啓)では、

「国家防衛」は自民党参議院議員の佐藤正久先生が【佐藤学校】を、

「国家防犯」に関しては私が【坂東学校】を、それぞれ開催しているのです。

 

 

【佐藤学校】

http://sato.an-an.org/commu/user_login.php

 

 

・・・ただ、残念ながらまだ「国家防災」の学校がまだ準備できてないのですけどね(-_-;)

 

 

私の坂東学校もそうですが、アドレスが「an-an.org」になっているのは、ヒゲの隊長も私も雑誌「anan」の愛読者だからじゃありませんよ。

 

国家の安全と国民の安心を目指しているからです。

 

 

・・・でも、今の国会って、与野党で日本のために力を合わせるメンツが揃ってるか?

 

 

「国家防衛」に関しては自衛隊の運用に関して、また「国家防犯」に関しては共謀罪の適用などに関して、日本国内の特定勢力が反対し、騒ぎ、様々な形で妨害してるでしょ?

 

 

「国家防災」に関してだって、自衛隊の災害派遣に対し「助けろ、でも自衛隊は帰れ」みたいな基地外団体がいるじゃありませんか(-_-;)

 

 

そういう活動をしていた国会議員もいますよね。

 

 

ましてや災害を引き起こすべく組織的なテロ集団が国家レベルで送り込まれたりしたら、その対処に反対するどころか、敵対勢力を利する政党がありそうな気がするのは私だけ?

 

 

 

「国防」を複合的に運用し多角的に解釈して一元的に管理し迅速的確な運用ができなければ、天災、人災、犯罪、テロ工作などの要素が入り交じった災害になんか、対応できませんよ。

 

 

これを怠ると、日本も他国のように「災害難民」を出しかねなくなります。

こうした事象に対処できなくなれば、私達の子や孫が難民になります。

 

 

 

・・・で、災害募金のお話が皆さんのところにも来ると思うのですが、

 

 

 

 

↑被災自治体にストレートで送れよ・・・。

 

↑何だこの取って付けたようなご心配は?

 

 

 

 

 

 

なんで東日本大震災も中国四川大地震もミャンマーサイクロン被害もスマトラ地震も同じ口座にぶち込んでるんだよ?

 

故郷を思って寄付した東北出身者の募金が、四川省とかミャンマーに行ってるのか?

 

 

少なくとも革新政党の皆さんには、現在準備中の自衛隊災害派遣に積極的な協力をしろとか、災害救援活動を応援しろなんて、ハードルの高いことは申しません。

 

 

どうかもう、災害募金を集めてちょろまかしたり、しかも被災地域別ではなく災害をどれも一緒にしてどさくさ紛れに党の活動費に組み込んだり、自衛隊のじゃましたりせず、そこら辺で草でも食ってて下さい。

塩ふると美味しいですよ。

 

 

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

 

透明 鍵付きBOX 募金箱

チャリティーBOX W12cm

クリア【8O-TMDR-FLZP】

価格:2,280円
(2017/7/6 15:17時点)
感想(0件)

 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 

   

 


もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております(^o^)/

author:坂東忠信, category:日本の政局問題, 09:19
comments(1), -, - -
Comment
テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)について質問です。
在日外国人特権の恐ろしさは「在日特権と犯罪」という本で読んでだので知っていますが、テロ等準備罪いわゆる共謀罪に関してはわからないことと不安なことがあります。テロ対策は絶対に必要だけれどもそのせいで市民の表現の自由、言論の自由も大切だと思うのですが、いわゆる共謀罪が制定された今私達一般市民(国民)の表現の自由や言論の自由などの基本的人権はちゃんと保障されるのでしょうか?
個人的には基本的人権である言論の自由や表現の自由は大切であると同時に市民の敵であるテロリストや組織的犯罪集団などの悪党の好き勝手をさせないテロ、犯罪対策も重要だと思ってます。 またいわゆる共謀罪なしでも今までどおりまともなテロ対策がてきるというのは本当なのでしょうか?
世界の遠野, 2017/07/10 8:28 PM