RSS | ATOM | SEARCH
手作り甲冑30 佩楯 甲冑は鉄と生き物で出来ている。

みなさん、こんにちは。

まずはいつものひとポチを! 
   ↓

人気ブログランキングへ  ありがとうございます!

 

たくさんの方々からの、甲冑作成と奉納に対する温かいご協力、ありがとうございます。

 

本当は毎回ご協力いただいた皆さんのお名前をこちらに掲載したいくらいなのですが、プライバシーの関係からそれはちょっとアレですので(^_^;)、

 

・・・こちらにて、謹んで御礼申し上げます。

 

 

皆さんから温かいご協力を得て作っております奉納甲冑の部材の多くは、ホームセンターなどで手に入るのですが、なかなか手に入らない物もけっこうあるんです。

 

例えば、これ。

 

【護国武人具足 22 佩楯カルタ札の切り出しと、失敗作。】

http://ameblo.jp/japangard/entry-12226592723.html

 

 

以前失敗したエプロン部分の「佩楯」(はいだて)の材料なのですが、厚さ1mm程はある厚い生革はなかなか売っていませんので、太鼓職人さんから分けていただき、切り出して作るのです。

 

 

そして、これをつなぐ革紐がまた特殊。

なんと、犬の皮が必要なのです。

 

 

実は以前、普通に販売されているなめし革を使って、この佩楯のカルタ札(かるたざね)を連結したのですが、

柔らかい革を使った革紐で綴じ付けたため、革紐が伸びてテロンテロンしてしまい、作り直しているのです。

・・・他にも涙ぐましい失敗作が多数ございます(T_T)

 

 

師匠にも

「本物使いなよ〜、やっぱり違うよ〜。

 坂東さんにはもうちょっと

 本格的なところを目指して欲しいなあ」

と言われましたので、都内某所で犬の生革を購入。

 

 

実は犬の皮はネットでも売っているのですが、日本では犬の生革を主に三味線に使うらしく、殆どは18cm四方の大きさに切り分けられて販売されていて、

 

 

・・・これでは革紐が作れません。

 

しかもこれが冥土印中国だったりするんです。

 

 

どうも中国の方の犬皮のとり方を調べてみると、「まあ殺して取るのだから」と考えているのでしょうか、飼い方から殺し方まで、何だかひどすぎて、犬の怨念がこもっていそうで、使う気になれなかったんです。

 

 

・・・で、これは国産。やはり処分場から業者さんが入手し加工して販売しているのだそうですが、日本ではこうして日本産の犬皮をこの大きさで売っているところは、ほとんどありません。

 

 

可愛そうですが、ただ殺すだけではなく、そんな経緯も考えながら、こうして魂の抜け殻の一部を利用させてもらうことの意味を考えつつ持ち帰ると、ネコがスルメと勘違いしているのかよってきてひとペロ味見。

 

以前、近所の犬をなでた手で猫をなでたら露骨に嫌な顔をしていましたが、こうなるともう全然わからないようです。

 

 

私たちは動植物の命と水で生きています。

石とか土とかを食べて生きている民族っていませんからね(-_-;)

 

 

甲冑も鉄と漆だけでなく、軽量化のために刃物に強い牛の生革を使いますし、昔の鎧は膠(鹿の腱)を使い接着剤にしたり、革を腐らないよう加工するときには鹿の脳ミソを使ってなめしていたそうです。

 

 

犬の皮は、サルの革と並んでかなり耐久性があり強いらしく、古い鎧は縅糸(おどしいと:平たい組紐)が劣化して剥げ落ちても、その下に犬の革紐でしっかりと部品を綴じ込んでいるのが見えることがあります。

 

(甲冑研究家の伊沢昭二氏のコレクションより)

 

この、胴に並んでいる白い点々、これが犬の皮です。

 

 

元々は黒い縅糸(組ヒモ)で綴じ付けていたのですが、製作時にしっかりと結着固定するため、犬皮で綴じ付けていたのです。

 

 

しかし、当時の縅糸の黒染めの「八幡黒」が鉱物を使用して染めていたため、糸の劣化が早く、400年の間に全部ボロボロと落ちてしまい、今はその下に綴じ付けていた犬皮だけが残っている、ということなのです。

 

 

ちなみにこの犬の革、業界では「犬皮」と書いて「ケンピ」というらしく、お値段一枚で1万円。

 

 

一般的には全く需要がないシロモノですので、単価がぐっと高くなっております(^_^;)

 

 

どんなワンコで、どんな経緯でケンピになったのかはわかりませんが・・・

 

 

↑こんなことを考えつつ、

「無駄にしないように、必ず奉納してやるからな。

 お前、沖縄に行けるんだよ。いったことないだろ?」

なんてブツブツいいながら、革紐を細長い紐状に切り出しました。

 

 

次回、この犬皮の革紐を使って、佩楯のカルタ札(かるたざね)を綴じ付け連結させてまいります(^o^)

 

・・・おっと、ポチ忘れにご注意を!

   ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

【みんなで、国体と沖縄を守る甲冑を奉納!

 「鋼鉄の護国武人計画」】

詳細はこちら↓

http://bandou.an-an.org/index.php?沖縄護国武人計画

 

 

ご芳志お振込先は、こちら↓です。

 

 ゆうちょ 店名 019店
 口座種別 当座
 口座番号 0450828
 名義   坂東 忠信 
 

(備考欄に「よろい」とお書き込みの上、ご芳名は漢字でお願いします。

 ご希望の方はカタカナでもOKです。)

 

共に日本の南玄関となる沖縄の守りのために、国「体」を守るために甲冑を奉納したいとお考えの方のご参加をお待ちしております(^o^)/

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

author:坂東忠信, category:沖縄 鋼鉄の護国武人計画, 13:33
comments(1), -, - -
Comment
ブログが2つ?あってどちらにコメントしていいか迷いますねw
14日(水)に虎ノ門ニュースにご出演ですね。
早期の再登場で、嬉しく思います。
また、坂東さんらしいお話を聞けることを楽しみにしております。
ystk, 2017/06/12 1:14 AM