RSS | ATOM | SEARCH
「真田丸」がもっと面白くなる、真田甲冑ゆがみの謎。

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを!
   ↓
人気ブログランキングへ   ありがとうございます!


 

今日は日曜日、「真田丸」の日(笑)


 

そんなわけで、本日は、作家のおかべたかしさんが聞き役となりました「バンダとくらら バンダと学ぼう武将と鎧」の真田編を動画にてお楽しみください(^o^)

【バンダと学ぼう武将の鎧〜真田一族の甲冑 坂東忠信 おかべたかし】

第一回

https://www.youtube.com/watch?v=ISvN3yiwVbs


第二回

https://www.youtube.com/watch?v=2JTynA_GM9g


 

第三回

https://www.youtube.com/watch?v=SJMKrIJnvMQ


 

さて、この動画でお伝えした真田昌幸公の、ちょっとひねくれた?甲冑に、私が気づいたのは4年ほど前。

学研から出版されている「図説・戦国甲冑集供には「草摺は六間四段」つまりスカートのような部分(草摺)は腰周り一周を六つに分けて、各間が四段になって吊り下げてあることが書かれています。

ちょっとズレている胴の中心線を延長すると・・・、
 

ちょうど草摺の分け目に当たりますが、これで六間だとすると、前胴は、右半身二間&左半身一間という、かなり不自然で均整の崩れた甲冑になります。


 

最初からそういう甲冑であるなら、草刈正雄さん演じる真田昌幸公は、かなり体のよじれた人だったのかな?

詳細は坂東学校「学校長報」歴史講座でお伝えしておりますが・・・


飾り方が曲がっているのか?


昌幸公の体が曲がっていたのか?


学研さんが間違えたのか?



機会があれば実物を見て確認したいのですが、こんな詳細が見える大きな図版を多数掲載した甲冑関連書籍は、あまりありません。


武士のファッション誌として、超おすすめです。


 

(昌幸公の甲冑が掲載されている第二巻は売り切れのようですので、第一巻をご紹介します↓)
 

【決定版】図説・戦国甲冑集
 [ 伊澤昭二 ]

価格:2,268円
(2016/5/21 11:24時点)
感想(0件)

 

・・・でもね。


 

発売(二〇〇三年)と同時に購入して以来、ボロボロになるまで読んではニヤけて甲冑萌え〜❤な私より、

真剣なまなざしでコンビニのエロ本を立ち読みしてる中年オヤジの方が・・・

人として健全な気がする(笑)




頭にくる反日ネタばかりではフォースの暗黒面に落ちそうですので、来週はまた、日本の歴史が楽しめる兜造りをお伝えしますね(^o^)
 



おっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)

 ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。
 
 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   



もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております! (^o^)/
 

author:坂東忠信, category:歴史, 12:09
comments(2), -, - -
Comment
真田丸毎週楽しみに見ていますが、最近あからさまにコウモリ外交の正統性を昌幸に語らせているようにみえます。この解釈は、真田の歴史というより、現在まで当てはまる韓国(朝鮮)の行動そのものであって、これを正当化しているようにみえます。考え過ぎでしょうか?
渡辺, 2016/05/30 6:18 PM
真田●も最後の視聴率15%か。
でも、鹿島のサッカーは三十数%。歴史好きの国民も、歴史もの番組に疑問を持ったと思います。

激動の武士が時代背景も曖昧な設定。最近は異常なのかしれません。人物間を描いた割に、それではつまらないと・・

戦国時代は、足利貿易も混乱させた事情と倉山氏の話は驚愕でした。まして、その後江戸時代は、基督の敬遠。でも、個人的には、それ以上に税金であった僧坊酒と金貸しの変化には、もっと驚き。時代物も、閉ざされた弊害が有りすぎます。

もう、社会は本物の情報を求めTVに飽きた。まともな情報が必要ですね。
名無し, 2016/12/20 2:48 PM