RSS | ATOM | SEARCH
偽善を暴露 & 歴史に感動 & ゲロゲロ予告(笑)

みなさん、こんにちは。

今日もまずはひとポチを!
   ↓
人気ブログランキングへ   ありがとうございます!
 

今日は少々、お知らせを。

まず、坂東学校では全文をご紹介しておりますが、今回青林堂から出版されるJAPANISM30号に拙稿「とある極左活動家の物語」が掲載されました。


 

今回のテーマは「さよならパヨク」


 

このテーマで一緒に掲載された諸先生方の記事と合わせてお読みいただけると、「なぜ左翼主催の社会運動参加は就職に不利なのか」「逮捕されるとどうなるのか」「どこが支援しているのか」などが多角的に把握できると思います。


坂東学校では拙稿のみ掲載しておりますが、元あっち側だった千葉麗子さんによる「ぱよぱよちーん」の暴露など、他の先生方々の文章も私自身とても勉強になりましたので、よろしければどうぞご覧ください!

http://www.amazon.co.jp/ジャパニズム30/dp/4792605458
 


それから、チャンネルくららの「バンダと学ぼう武将と鎧」で武将のイラストを提供してもらっています、絵本作家のときたひろしさんの絵本が、復刊となりました!

【復刊ドットコム 『9番目の戦車』】

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68324769

すてきな絵本(?)です。普通、戦車が主人公の戦争絵本なんて在り得ません。


 

ていうか、戦争の絵本は左巻きじゃないと成り立たないと思ってましたよ。


 

まじめで偏らないど真ん中な戦争絵本でしたので、私も初版を2冊持っています。


 

でもこの絵本、子供に限らず大人の戦車マニアが注目したため、初版発売の直後、

すぐにプラモデル屋さんにも置かれたのだそうな(笑)

絵は緻密でマニアック。

本内容はたしか40ページほどあり、復刊ではおまけ付きだそうな。

 

はらはらする、でもほっこりする絵本です。

私の反日犯罪本と違いエログロゲロはないので、子供たちや元子供だったご自分へ

のプレゼントにどうぞ。

作家は警視庁の後輩ですので、武将イラストのお礼に紹介させて頂きました。
 

品質?紙質が良いのか、お代はちょっとお高めの2700円です(^_^;)

で・・・私自身の次作10冊目はどうなっているのか、と申しますと・・・


 

すばらしく香り高いネタが多すぎて、エログロゲロの連続は自分でもキツイため、
 

・・・すでに出来上がった原稿を再編集しております(笑)



 

みなさんには中国・韓国の「食」に関する、味わい濃厚な部分を容赦なく抽出し、

まったりと、そしてこってりとお届けする予定ですので、どうぞお楽しみに。


 

セレブ中華成金から貧困層まで、生き残るため現地でも高価な日本食材を求め、そ

んな情況から食品が高騰すれば、生存に直結する問題だけに経済格差は拡大します

それは先見の明を持つ日本の農家にビッグチャンスをもたらしますが、人的な打撃も及ぼすでしょう。
 

そんなところも書いているところです。どうぞお楽しみに(^o^)/

 

おっと、ポチ忘れにご注意を(^_^;)

 ↓
人気ブログランキングへ ありがとうございます!

JUGEMテーマ:アート・デザイン

加工食品の危険度調べました
 [ 渡辺雄二 ]

価格:905円
(2016/4/25 14:28時点)
感想(23件)

 

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。
 
 

坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   



もちろん、いきなりの本入校も大歓迎! 
    ↓
本入校

お待ちしております! (^o^)/


 
author:坂東忠信, category:お知らせ, 08:24
comments(2), -, - -
Comment
コメント失礼します。

・最近は在日・来日外国人による犯罪は増えているのか
・在日・来日外国人と日本人の犯罪率の比較(特に中国人、朝鮮人について)

これらについて情報を知りたいのですが、役に立つ統計等は無いでしょうか?もしくはブログ記事や坂東学校の資料でこの2つに関わるものがあれば教えて頂けないでしょうか?
kano, 2016/04/26 9:11 PM
kanoさん、ありがとうございます。
政府非公開で私と長尾先生や他の先生と引き出した公的資料についてはほとんどブログに掲載しておりますが、私の実務経験から数字に現れていない部分などを考慮し推測したその分析については、「坂東学校>学校長報>統計ネタ」のカテゴリーに多数取り揃えております。

例えば殺人事件数には未遂が含まれていないけど、殺す気がなかったけど結果的に殺してしまった、「傷害致死」「強姦致死」などの致死罪は含まれていないこと等々、知らずに数字だけで判断すると読み間違えそうなところなどを解説しております。

結論から言うと、在日・来日外国人による犯罪認知件数は、減っています。

机上の評論家などはこれだけを見て「外国人に関する問題はなくなっており、犯罪傾向が高いなどという指摘はヘイトである」とまで持って行こうとするかもしれませんが、これは単に交番のおまわりさんが110番で臨場して見てすぐ逮捕できる暴行傷害や窃盗などの事件から、別の事件にシフトしているだけの話なのです。

比較についても件数や人口で単純に日本人と比較することは出来ませんので、坂東学校では犯罪検挙「率」を掲載し分析しております。

お役に立てれば何よりです(^o^)
坂東忠信, 2016/04/28 6:05 PM