RSS | ATOM | SEARCH
世論工作員と偽装「市民」、宣伝工作メディアが必死な理由。

みなさん、こんにちは。
 

最近文化人や芸能人の必死の政治発言が目立ってきていると思いませんか?

もう、工作員と、革命を目指す極左知識人を名乗る無見識人のカミングアウト、炎上商法で人目を引きたい忘れられた有名人、さらに「平和」と聞くと条件反射で踊りだすダンサーが混在し、おまけに極左や活動家を意図的に「市民」として報道する日本のメディアを自称する宣伝工作機関がマジで情報を撹乱しているので、どれがどれだかわかりませんね。


私がこれからお伝えするお話は、裏付けはありません。


ただ、こういう可能性を踏まえた上で情勢を見ていただきたい、ということです。

2021年は中国共産党設立100周年です。

この日までに「抗日戦争」をアイデンティティにする共産党は、最近不満の鬱積する中国人民を、なんとしても納得させる国威啓発を成し遂げ、100周年の目玉としたいのです。

しかし、その前年は「小日本(シァオリーベン)」が目と鼻の先で主催する平和の祭典・東京五輪開催の年。

だから、本格的に五輪準備が世界に報じられるようになる2018年中頃以降の軍事行動は、世界的批判を浴びることになるのを知っているはず。

栄えある党設立100周年の添え物にするため、尖閣を取るなどの対日軍事行動を起こすなら、その前の期間、つまり今年から2017年中ごろあたりまででしょう。

逆に言うと、この年のあたりまでに、例えば尖閣を取った、もしくは自衛隊に打撃を与えた場合、それ以後日本は平和の祭典主催者として軍事的手段による報復はやりにくくなることも知っているはずです。

では、中国は尖閣を奪えると本気で思っているのか?

日中間で戦争が発生するとなれば、それは東シナ海上になりますし、日本には潜水艦が多数存在する上に、現役の潜水艦としてカウントされていない退役した潜水艦だって、他国でなら継続使用中もしくはそれ以上のレベルで保存されていることを指摘している解放軍少将クラスの論文も出ているのです。

長期的視野で勝てるとは思っていないでしょう。
 

日本は中国の首都南京にまで軍事力で踏み込んだ世界で唯一の国、しかもそれが見下していたアジア周辺諸国なのですから、中国の大きなコンプレックス担っているのは当然。

一度でも、一瞬でも、軍事力で日本に勝ちたいのです。

それが新しい中華民族のアイデンティティ構築に必要であることは評論家の石平さんも指摘していますし、月間中国主幹の鳴霞さんも指摘しています。

つまり、中国は局地戦で一瞬でも日本を叩いて、瞬間勝者になれれば習近平の大手柄。

でも報復を食らったら、勝ったことにはなりません。

つまり勝ち逃げできる環境づくりが必要なのです。

具体的に言うなら、安倍政権を右翼と決めつけ、報復どころか防衛戦争もさせない世論を作ること。

つまり

「戦争による報復は無益だ」
「戦争は何も生み出さない」
「戦争できる国にしようとしている」


などの世論形成で手足を出せないようにすることなのです。


 

そのためには当然ながら、超限戦の一環として言論人や芸能人に「平和の大切さ」を訴えさせる必要があります。


 

著名であれば、その道の専門家でなくてもいい。

学者が政治に口を出してもいい。

むしろ専門家でない、イデオロギーの関係のない(ように見える)有名人がいうからこそ、客観性を重視する日本人の心に響くことくらい、彼等は知っているはず。

そういう根回しを(具体的には支援を)受けている言論人や著名人が、集団でこれを言い出したら要注意だ、と前々からいっていたのですが・・・、
(11番を御覧ください)

【拙ブログ:中国軍事行動の兆候に注意せよ】

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235175

・・・今、そうなっているのですよ。

中国側だってバカではないので、最初に協力者の口座に全額振り込んで与えるわけではありません。

指示とお金を受け取る側は、スポンサーという形で資金提供する工作員の覚えめでたくあるよう、フライング気味に、テンション高く、目立つように「平和」を唱えなければならない。

だから、「素人を集めて部隊の足手まといになるような徴兵制は現代の戦争に即していない」という、現場を熟知した衆議院議員・佐藤正久先生の斜め上を行くテンションで、彼らはアピールせざるを得ないのです。


まあ、「体に優しいお味」というフレーズを必ず入れて経済工作を仕掛けたサムゲタンの時と一緒ですよ↓

http://ameblo.jp/japangard/entry-11421607267.html



 


もちろん、全部が全部工作員ではありませんよ。


最初に申し上げた通り、工作員協力者活動性無知識人つられて踊る人が混在しています。

むしろ核心的工作員は表に顔を出さず、世論工作に影響力のある人物を使います。

有名人は無自覚協力者のほうが多いでしょうね。
そして協力者こそが工作のカギなのです。


 

坂東学校ではこうした予兆や工作の詳細などを順次お伝えしております。

ご興味のある方はどうぞおこしくださいね。

 

公安調査庁スパイ工作集 [ 樋口憲一郎 ]

価格:1,836円
(2015/7/23 11:17時点)
感想(0件)

 
・・・というわけで、日本に注意喚起を促すため、

今日も、ひとポチ! どうぞよろしくお願いします。


  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございます!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

より濃いネタをお探しの方、

日本を守る仲間を探している方は、

無料仮入校でメルマガ受信からどうぞ。

 


遅刻・早退・早弁推奨、特に留年大歓迎!

学校ですが、警察学校のような「ウサギ跳び100m」や、

投げ技・絞め技ありの剣道課外授業など、

人智を超えたシゴキはありませんのでご安心を(笑) 


坂東学校仮入校はこちら↓ 

 
   

もちろんいきなりの本入校も大歓迎! 
    

本入校
皆様のお越しをお待ちしております。

 

坂東忠信8冊目のこの本も、おかげさまでまもなく1年。

保存用・閲覧用・回覧用と、

一家に三冊!+玄関の魔除けに一冊!

魔除けの効果は保証できませんが、
どうぞご検討ください。

 



http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033134166&Action_id=121&Sza_id=A0

JUGEMテーマ:芸能
author:坂東忠信, category:日本の世論操作, 15:07
comments(2), -, - -
Comment
文化人やら有名人の反対の理由が、「9条改正して日本は
自力で防衛しよう。アメリカの言いなりになるのではなく。」
というものだったら、理解も賛同もできるのですが。

「平和を唱えていれば平和でいられる」というのなら、
チベットはあんな目に遭っていないでしょうに。

>工作員と協力者と活動性無知識人とつられて踊る人が混在しています。

本当に、区別がつきにくい上に、有名人の発言は浸透しやすいので厄介です。

反対するなら反対するで、平和維持のための防衛上の代案も
セットで語ってほしいです。

工作員や協力者はもちろん、お花畑的平和主義の人にそんな期待をしても
無駄だとは思いますが。

カノン, 2015/07/26 11:01 AM
カノンさん、ありがとうございます。
代案を持たず、文句だけ言っていれば人気が上がる現代の日本社会に大きな問題がありますね。
これは私達保守派側も気をつけるべき点。
曖昧な意見で大切な人たちの命を危険に晒したくないですからね。
坂東忠信, 2015/07/31 11:02 PM