RSS | ATOM | SEARCH
新しい国防のための、坂東提言です。
みなさん、こんにちは。
前回は移民政策をテーマとしたチャンネル桜討論番組の動画をご紹介しましたが、グローバル化が国家の混沌と分裂を誘発し民族紛争に発展することなど、移民政策を人道的に行って成功した例がないことが明らかである今、幸いにしてグローバル化に後れを取った我が国が他国の失敗をなぞらないために、以下の政策の法文化が必要です。
私なりに要点を簡単にまとめてみました。

 
「国防入国制限法(仮称)」
1「国家防のための入国制限」
 前年中における警察庁その他政府機関が発表する統計に基づき
(1)犯罪発生率
(2)発生件数
(3)発生人口
の各項目上位三カ国からの入国は制限しなければならない。


2「国家防のための入国制限」 
過去10年間以内に
(1)日本にミサイルを向けている
(2)根拠なき反日教育や反日プロパガンダを国内もしくは国外に行っている
(3)国境問題に明確な武力を示している

当該国からの入国は制限しなければならない。

3「国家防のための入国制限」
ダム、発電所、その他、破壊活動により国民や環境に重大な災害を及ぼす恐れのある施設や自然物などに攻撃を加えると疑うに足りる相当な理由または同様事件の前例がある国からの入国は、制限しなければならない。
 
この「国家防」「国家防」「国家防の三つを、中国の「超限戦」に直面する新しい現代の「国防」概念として「国防入国制限法」を提案したいのです。
 
これがあれば、万が一移民制度が開始されても、望ましくない国からの正規来日外国人だけは水際で防ぐことができます。

また望ましくない国を名指しすることなく制限できるという点で、差別ではなく公正な評価に基づく国防手段として、世界に先駆けこれを提言することができます。
同時に対象国からの反論や報復を、対象国自体の面子で封じることができます。
 
難民に対してはそのすべてをこの枠内に収めることはできないかもしれませんが、ある程度の入国や収容後の活動を規制する根拠としては、世界も納得する概念を備えているはず。
 
これが法案として俎上に上った場合、明確な根拠をもって反論できる国会議員は恥知らずな売国議員以外いないともいますが、いかがでしょうか。
 
最近は「嫌中」「嫌韓」が現代の風潮のように言われますが、私たち日本人は「中国だから」「韓国だから」嫌いなのではありません。
 
私たち日本人に害を加え、タカり、感謝せず、貶め、それでいて尊大な「反日国」とは距離を置きたいだけですし、そんな国と無理に友好を深めて仲よくしようとすることに疲れただけ。
 
仲よくあるためにこそ、危険な友人とは身の安全を考えて、間合いを取る。
これが本当の大人のお付き合い、大人の国家の国交です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

より深い情報にご興味のある方、
坂東の活動にご理解いただける方、
日本を守る仲間を探している方、
まずは無料で仮入校からどうぞ。
昭和の頃の警察学校と違い、
ふるい落とされるほどの苛烈な訓練や
真夜中の非常呼集はありません。
遅刻・早退・早弁推奨、特に留年大歓迎です (笑) 
 
   
よろしければ、
今日も「ぽちっと」よろしくお願いします。

  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございました!
author:坂東忠信, category:坂東の想いなど, 16:08
comments(4), -, - -
Comment
こんにちは。
挙げていただいた規制事項は必要最低限の条件ですよね。ただ、「移民の受け入れ」まで一足飛びに進む思考の経緯を考えると根本の発想からしてズレてるとしか思えません。他に解決策があるのに外国人を大量に呼び込むということは必要ないはずのリスクを無駄に選択することに他なりません。その発想そのものが壊国的思想でありますし、三橋派の私から見ると移民の問題は治安だけの問題ではないのだと思います。

社会保障のタダ乗り、文化の違いから来る日本人との軋轢、言葉の壁、そもそも何で日本人を活用することを考えず移民を受け入れる必要があるのかなどなど、置き去りにされている重大な問題が山積してます。
坂東先生のおっしゃる通り外国での失敗事例を見る限り我が国に移民は不要どころか害毒でしかありません。安倍総理やその周辺が呼んでもいいと考える外人は、結局のところ「安い日本人」を連想してるに過ぎないのではないかと思います。行儀が良くて有能で汚れ仕事も厭わず安く働いてくれる人。そんな人は世界中どこにもいませんてw
tnt, 2014/04/23 5:24 PM
2の(1)(3)について、お互いに武器を向け合うというのは、国境を接する普通の独立国では当然の事なのではないでしょうか。
他は大賛成です。
馬橋星彦, 2014/04/23 6:04 PM
難民についても今から考えておくべきではないでしょうか。
第二次朝鮮戦争の勃発、または中国の崩壊に伴う大量難民の発生が懸念されます。
漁船などに乗った多数の難民が押し寄せるとき、どう対応するのか、ということです。
私の気持ちとしては、領海に侵入した難民船は直ちに撃沈したいところですが、国際的な(あるいは国連による)強烈な非難を浴びることになります。

せめて、強制収容所の用地取得ぐらいは今のうちにやっておくべきでしょう。山奥の国有地を利用するのであれば、アクセス手段とライフラインについて、必要になればすぐに用意できるよう事前の準備が必要です。
それと、海上保安庁の大幅強化による密入国の阻止も重要です。
さらに、「難民強制収容法」のような法律がまだないのであれば、定めておくべきです。
五郎, 2014/04/24 4:08 PM
 日本の入管法は欧米の移民とは全く違うために大丈夫だ、などとラジオなどで公言している著名人もいますが、法律がどう違っていようとも不法就労、犯罪あるいは福祉目当てにやってくる外国人は日本でも欧米でも同じであるということを忘れてはいけません。観光目的での外国人でも、出国まではしっかりと管理できるようなシステム作りも大事だと思います。
 また中国や韓国だけでなく、欧米の移民管理が厳しくなってきたことでイスラム圏からの不法移民も今後増えて来ると思われますので、彼らについても要注意するべきだと思います。日本人はトルコは親日国だと甘く考えているようですが、欧州での横暴ぶりは目にあまります。日本の大都市でも髪をおおっていたり民族衣装を着ているイスラム女性が目につくようになりました。宗教を理由に学校でも理不尽に振る舞う彼らのことも今後考慮すべきだと思います。
n, 2014/07/22 7:30 PM