RSS | ATOM | SEARCH
春節の週間暴動予報です
明日からの週刊暴動予報です。
 
大陸では、31日からの春節で連休の為、各地で銀行からの現金ひきおろしが困難となりますが、連休明けには取り付け騒ぎから暴動に発展する恐れがあります。
また帰省先では混雑による突発的な集団パニック、出稼ぎ労働者の郷里での再会、集結、怒りの爆発により、主に内陸部で発砲を伴った激しいデモが発生するでしょう。
 
では、軍区ごとの予想を、北から順に見てみましょう。
 
瀋陽軍区南部では北朝鮮との国境付近で怪しい雲が広がりますので、国内朝鮮族と退役軍人の動きには注意が必要です。
内陸部は暴動のち鎮圧、暴動確立は20%です。
 
北京軍区です。
首都北京は相変わらず不安定な状況がつづきます。
特に天安門周辺ではにわかデモ、所により局地的発砲が予想されますが、血の雨の降る確率は10%、暗雲立ち込める中にも比較的穏やかな休日となるでしょう。
 
済南軍区は比較的安定したお天気が続きますが、山東省では所によりデモのち暴動、暴動確立は40%。
 
南京軍区上海は、出稼ぎ労働者の帰省と工場休業によりPM2.5が曇りのち薄曇りとなりますが、春節の爆竹多用による事故、所により事故を装った爆発テロが発生する可能性があります。
空気が乾燥していますので、火の元には十分にお気を付けください。
福建省は比較的安定していますが波は高く、裸官の国外流出に注意が必要です。
 
成都軍区は各地で荒れ模様になる見込みです。
四川省は重慶市を中心に、薄煕来裁判と周永康身柄拘束の影響で曇りのちドス曇り、雲南省では局地的なにわか暴動が発生するでしょう。
チベット自治区では偽装デモを伴った激しい鎮圧が予想されます。
 
蘭州軍区は、新疆ウイグル自治区が所により局地的なデモまたは暴動、但しこちらも暴動と偽装暴動の見極めには注意が必要です。
 
最後に、広州軍区です。
広西チワン族自治区では局地的な激しい投石、所によって発砲があるでしょう。お出かけの際には、防弾チョッキが必要です。
香港では大規模な独立運動が発生する恐れがあります。
広州軍区の暴動確立は90%、公的機関が休業するこの一週間は注意が必要です。
 
続いて、東京の様子をお伝えします。
東京は田母神旋風が吹き荒れ、快晴のち憲法改正、降水確率はほどほどです。
現地の様子を見てみましょう。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22775887
 
先入観や無知による都知事の選び間違えにご注意ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 急な話ではありますが、2月1日、都内で公開授業を行うことになりました。
今回は仮入校の仮会員さんも対象に、あと5〜6名様の参加者を募集中。
ご希望の方、先ずはこちら↓からどうぞ。

 
 

今日もひとつ、ぽちっとお願いします。
  ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございました!
author:坂東忠信, category:今週の暴動, 10:17
comments(0), -, - -
Comment