RSS | ATOM | SEARCH
感謝と、工作員新情報です。
  みなさん、こんにちは。
お伝えしたいことがたくさんありすぎて、ブログを書く先から事象が移り変わる、そんな毎日です。

今日は坂東近況から。

今月2日は、日本会議熊本の総会に伴う記念講演の場をいただき、たくさんの参加者の皆さんから温かい、というより熱い励ましのお言葉を頂戴し、私のほうが元気をいただきました。
さすが火の国熊本、気合が入っております。

質疑応答の時間には元警察幹部OBがカミングアウトして激励をくださったり、ほかにもこっそり参加している元警察上級幹部OBの皆さんから個別にご挨拶をいただいたりして驚きました。

いつもチャンネル桜の討論番組では、自衛隊幕僚長クラスOBに囲まれながら警察OBとして討論に加わる私の階級は、両津勘吉よりわずかに一つ上の元巡査部長(笑)、ちょっとさびしくも感じていたのですが、みんな表に出てこないだけで、OBになってもいろんなところで公のために私財なげうって活動されています。

翌日は熊本城をご案内いただき、人と歴史が目に見える形で共にあることって大切だなあ、とひしひし感じました。

存続に関わるほどの深刻な過疎に至る城下町って、あまりないのではないでしょうか? 

夜もライトアップされている熊本城を見て、私たちも歴史を照らせば日本全体が熊本のような活気のある城下町になるのでは、と思いました。、

熊本の皆さん、本当にありがとうございました。

次の週の10日には、株式会社キャリアコンサルティング社長の室舘勲様主催の「室舘塾」にお招きいただき、20代から30代の若い世代の皆さんに、日本が今直面している中国問題の現状をお話しさせていただきました。

http://ameblo.jp/murodate/entry-11274002039.html

「最近の若者は・・・」なんてよく言われておりますが、この室舘塾の若者たちは、私が秘書を雇えるようになったら、個々の受講生を雇用したい! と思うほど活気と節度を両立していて、講演受講中も背もたれに背をつけずに座っていますから、背筋が伸びてさわやか。

質疑応答では3分の一を超える皆さんが関心を持って挙手、しかも講師を喜ばせるための見せかけではなく、どの方もその質問に芯があることを感じました。

こういう若者が増えれば、きっと日本は大丈夫。
・・・というより若者は皆こうなんです本当は。

だから、外国人留学生にだけ無償で支給される、今年は300億円を超えるであろう奨学金を廃止して日本の若者に使えば、それだけでもかなり違うはず。

若者は元気がないのではなく元気を奪われている部分が大きいです。
そんな中で私に元気をくれた皆様方、本当にありがとうございました。またバリバリ本を書きます!


さて中国スパイ事件ですが、実はいろいろな情報を集めているうちに、とんでもないお話が出てきましたよ。
ある議員さんを中心に、中国工作員人脈が交差しています。

こちらは話が長くなるので、その一部の詳細をメルマガにておしらせしております。
かなり深刻です。

http://foomii.com/00009/2012061303121410364

近いうちに、詰みましょう。
売国奴どもよ、祖国を愛するすべての人がつながる人脈をなめるなよ。


↓どうぞポチっとご協力を。

人気ブログランキングへ  ありがとうございました!


JUGEMテーマ:ニュース
author:坂東忠信, category:坂東の近況など, 12:24
comments(0), -, - -
Comment