RSS | ATOM | SEARCH
拝金大使の事なかれ主義
  みなさん、こんにちは。

日本を超え世界第二位の経済大国になったのは、資本主義を否定した共産党の中国でしたね。

世の中不思議なことがあるもんですね。

しかし今、資本主義は拝金主義となりつつあります。

中国は資本主義化しないで、共産主義からそのまま拝金主義に移ったので、資本主義を否定するその姿勢にブレはない、ともいえますね。

しかしそれに追随して誇りを捨て、おこぼれをもらうための事なかれ主義をつらぬき、そのしわ寄せを国民に回しているのが、こういう↓人たち。

http://www.otonano-kaisha.com/news_QVOi8jNOw.html

政府も動かない状況下で、地方がアクションを起こした尖閣購入に関しての発言から火がついて、いろんなことが分かってきましたよ。

ご覧ください↓このウィキペディア(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%BE%BD%E5%AE%87%E4%B8%80%E9%83%8E

この人は財界出身の大使だそうですので、他のブロガーのみなさんとは違う観点から、一言申し上げたい。

資本主義にはお金を超える価値を持つ心があってこそ、人と経済が安定的に結びつく、と私は考えています。

資本主義と拝金主義の違いは、心の有無です。

具体的に言うと、商品には貢献、お金には感謝の気持ちが付随して人間社会を回るのが、資本主義だと私は思うのです。

貢献と感謝なしに、お金と商品だけの交換を経済にしてしまうと、サービスの悪い店員と、横柄な客が、争いながら経済活動を展開し、与えるよりも奪う経済となって、あちこちでケンカが起こる。

そんな国に旅行したこと、ありませんか? 最近は飛行機代も安いんですよ(笑)

そういう人たちの経済活動が我が国に悪影響を及ぼすから、私は心の伴わない人種の日本への無制限な受け入れに注意を呼び掛けているのです。


まあ、丹羽さんの所属する会社組織も加入している経団連は、こんなこと言っていますからね・・・。

去年1月21日、時事ドットコムの記事です。

    ☆  ☆  ☆


日本経団連の米倉弘昌会長は21日、都内の日本外国特派員協会で講演した。 
この中で同会長は、少子高齢化に伴う人口減少で日本の活力低下が懸念されることについて「解決策は移民の奨励だ」と述べ、 
外国人の日本定住を促す法整備など、移民活用への環境整備が課題だとの認識を示した。 

 日本は2010年の国内総生産(GDP)で中国に抜かれ、世界3位に転落することが確実。 
経済界には、国内経済活性化に向け移民を積極活用すべきかどうか賛否両論がある。 
米倉会長は講演で、今後は専門技能を持つ外国人を積極的に受け入れることになるとの見通しを示した。 


    ☆  ☆  ☆

彼らは安くて優秀な外国人を大量に日本に招致して、日本の経済活性化を狙っていますが、日本人ではなく外国人の専門技能労働者を使う魅力は何か?
それは安価であることです。

アメリカは安価な労働力確保のため黒人奴隷を使いましたが、そのツケがいまだに清算できていないのです。

アメリカの黒人みたいに首に縄つけられて来たわけじゃなくて、自分達から密航してきた在日の子孫でさえ「強制連行された」「強制労働させられた」と騒いでいるのに、財界人がなぜこれを理解しないのか?

まあ、そういう拝金財界人の思考回路で考えるなら、金を持つ中国様には逆らえないのでしょう。

資本主義と拝金主義は、似て非なるものです。

大使にふさわしい人を、適材適所に配置しましょう!と思う方は
↓どうぞポチっとご協力を。

人気ブログランキングへ  ありがとうございました!

JUGEMテーマ:ニュース
author:坂東忠信, category:ニュースに関する事, 16:42
comments(4), -, - -
Comment
坂東さん、いつも貴重な情報発信ありがとうございます。

私が今一番心配する事は、7月9日から施行される外国人住民台帳制度と在留カードの事です。
以前、坂東さんがブログに記事を書いていた時、私の南米の親友から「私の知り合いの中で、犯罪疑いのある外国人がいたら念のために入管に連絡を入れたほうがいいよ。」と助言されました。
たぶん、不法滞在などの違法な行為を言っているのだと思いますが。

それと、入管の人を疑うわけではないのですが・・・もし、私の個人情報が通報相手に伝わる事があれば、私の家族にまで危害が加わる可能性もありますから。それも大丈夫か気になります。

それより、年金や医療行為目的のなりすまし中国人がいることを知り驚いています。
実は、そのために民主党が増税を急いで薦めているのではないかと本気で思うようになりました。
このことを何とか周りの人に伝えたいのですが、どうすればいいのでしょうか?
私なら、外国人登録証ならよく見て知っています。
今度の制度では写真もないカードが発行されるようですね。
私たち日本人は、どうしたらいいのか?本気で悩んでいます。

なでしこ☆, 2012/06/08 9:11 PM
昔の安価な労働力、即ち奴隷は年を取るとどうしたと思います?殺したのですよ。だから、幾ら入れても問題にならなかったし、言うことを聞かなかったら、鞭で打ちつけて従わせれば良かったのです。
しかし、移民はそうはいきません。年を取ったり、病気になったらどうするのでしょう?袋に詰めてゴミ捨て場へ放り出しますか?それとも、保健所へ連れて行って、犬や猫と一緒に毒ガスで殺しますか?そんなことは、できません。死ぬまで面倒を見なくてはならないです。誰の金で?勿論、日本国民の税金です。
移民を入れた国は、今や移民の高齢化に悩んでいる現実を移民推進派は、見えないでしょうか?
外国人労働者問題を研究している小野五郎教授は、実際に移民を入れたらどうなるか、人口問題研究家にシュミレーションしてもらったら、移民自身の高齢化によって、高齢化問題はより大きくなるとの結果になったそうです。
オランダの国立研究機関である中央計画局は、実際に移民を入れたデータを科学的に分析した結果は、移民は失業者の輸入になり、社会保障費の増大につながる、社会保障費の財源になりえないという結論を出しています。
移民は、高齢化対策になることは学術的に否定され、多くの実例が存在するのです。
まあ、移民推進派など、移民と暮らす気など更々ないでしょうし、どうせ自分は尻拭いだけ押し付けて、墓場に逃げるつもりでしょうから、お気楽なことがいえるのです。
ちなみに経団連のつれて来たブラジル人労働者が、老齢年齢に達し、生活保護で面倒を見ることになり、その数も増加しています。
既にわが国の現場では、「外国人の高齢化による財政圧迫」が社会問題化しているわけですが、経団連も法務省官僚も一切責任も反省もせず、移民入れろと恥知らずな主張をするわけです。
ウミユリ, 2012/06/09 12:38 AM
戦前、日本が共産主義の防波堤になっているとして、支持したアメリカの外交官ラルフ・タウンゼントは、共産主義者の事を、新自由主義者、国際主義者(グローバリスト)と呼んでいました。
何のことはありません。
共産主義も、少数の拝金主義者が貴族として君臨し、圧倒的多数の貧しい階層を搾取、弾圧するという構図だったわけで、現在の新自由主義と本質は同じです。
しかし、財界人の中に渋沢栄一の「論語と算盤」を読んだことある人はいないのでしょうか?
ウミユリ, 2012/06/09 12:45 AM
坂東さん、いつも情報有難うございます。ご活躍いつも応援しています。

経団連、うすうす感じていましたがやっぱり公然と移民受け入れを支援していたのですね!米倉会長はTPP大賛成、法人税減税大賛成で消費税増税も大賛成。要するに

1.安い労働力を入れる
2.TPPでグローバル企業としての恩恵を享受する(本当に恩恵があるのかどうかについては大いに疑問があります)
3.企業の税負担を減らす(企業が負担した消費税には還付がある)
4.減った分の税金は国民に負担させる

という訳で、これほど国民を蔑ろにした団体もおりません。

この団体が日本の財界を牛耳ってる訳で、恐ろしいにも程があります。ちなみに私は翻訳のお仕事をしばらくやっていたのですが、昔の同僚に聞いた所、日本語⇔英語の翻訳でも粗い翻訳であれば時給の安い中国人にお仕事が行ってしまっているとの事でした。日本語⇔中国語の翻訳であれば当然時給の安い中国人が取る訳で、小さい規模ではありますがすでに国内で中国人と日本人の仕事の奪い合いが起きております。

しかしまだ正式に移民受け入れやTPP批准をしたわけではありません。国民が圧力をかけることでこの流れを抑えることもできますから、少しでも一人ひとりが出来ることをしていきましょう。まず情報を少しでも伝えることが一番ですね。

先程の知人の翻訳者は民主支持(!)でしたが、経団連の移民促進を伝えると本当にビックリしていました。みんな危機意識のない人が多いので中々動きにつながらないのですが、とにかく自分の身に降りかかってくることだよ、と伝えていきましょう。

応援クリック。
おれんじ, 2012/06/09 5:21 AM