RSS | ATOM | SEARCH
出身国別犯罪発生率を暴け!
  みなさん、こんにちは。
最近動画が続いておりますが、こちらはまだブログではアップしていない内容ですので、どうぞご参考に。

チャンネルAJER
「在日外国人の数と犯罪◆

http://www.youtube.com/watch?v=M0pJY3ue1hg

こちらでご紹介しているのは、国籍別外国人犯罪の、来日・在日別の犯罪発生率。

なにぶん、「在日」外国人の犯罪発生件数というのは明らかにされていません。
これを発表すると、明らかに不利になるある身近な特定国出身者があるからで、それが人種差別を招くのでは、という一歩差がった配慮であると、私は見ています。

またそうした配慮をせざるを得ないほど日本にはその勢力が食い込んでいて、私たちはその実態を知らされていません。

これを割り出すためのすべてのデータがでそろっていたのは平成22年に発表された平成21年分なので、一年ほど古くなっていますが、こうして数字にして見てみますと、危険なのは来日中国人在日韓国人であることが明らか。

ベトナム人は確かに犯罪にかかわる率が高いのですが、来日人口自体が少なく1万人未満で減少傾向、ブラジルも高いのですがこれも明らかに減少傾向にあります。
むしろ目減りが少なく、しかも反日民族意識を持ったまま帰化するなどして実態が把握しにくい在日朝鮮民族と、一直線に犯罪増加を続けている来日中国人は、日本人の生活にとって脅威です。


逆に、アメリカ人やインド人は日本国内においては日本人よりも犯罪発生率が少ないのです。

私のブログ「外国人犯罪の増加からわかること」というタイトルに疑問を持つ方もいらっしゃいます。

実際に外国人犯罪自体は減少しているのですが、体感治安として減少しているようには感じられませんし減少していない特定国の外国人による犯罪があるのです。

中国の場合、大使館が犯罪にタッチしている実例も、明らかになっています。

日本で偽装残留孤児関係者であることが明らかになり逮捕された「阿部子臣」こと王子臣は、北大阪帰国者協会の会長として、大使館と綿密に連絡を取りながら、政治家や財界人、自衛官等と交流を持ち情報を収集していました。
全く報道されていませんが、これぞ公的「なりすまし」だったのです。

こうした犯罪を含めて、これら反日国家から来る来日中国人と在日韓国人こそが外国人犯罪発生件数を押し上げているのです。

先日講師としてお招きいただいた日本会議さん主催の国会議員懇親会でも、犯罪発生件数と発生率の高い上位三カ国の来日制限を設定せよ!と訴えていますが、私のブログ名「外国人犯罪の増加からわかること」とはまさにそのことであり、この二カ国からの来日人口を減少させれば、外国人犯罪は減るのです。

それは日本人のためでもありますが、この犯罪発生率の高い国からの来日枠制限を何よりもとめているのは、私の協力者を含めた親日的で真面目な在日中国韓国系です。

そのためにどうするか・・・今、5冊目になるそんな本を書いております。

ご期待いただける方、よろしければどうぞぽちっとご協力を。
   ↓
人気ブログランキングへ  ありがとうございました!


JUGEMテーマ:ニュース
author:坂東忠信, category:日本人の課題, 11:33
comments(11), -, - -
Comment
坂東先生 こんばんは

色々な統計データをお持ちと思いますが、在日米軍基地と中国人犯罪
との関係性を示す統計的なデータはお持ちでないでしょうか
と言いますのは、直感ですが在日米軍基地がある地域は中国人犯罪が
少ない気がします。(あくまでも、直感です。地区毎の外国人犯罪率
データがあればいいのですが、探しても見つけることができませんでした)

もし、自分の直感が正しければ、何らかの影響で在日米軍基地が中国人犯罪
への抑止力になっている事になります。

後、数次ビザができてからの犯罪率の増加についてと坂東先生と同じく
中国語ができる警察官への育成は現在、どのようになっているのかに
ついても本にしていただければと思います。
(沖縄には、英語が話せる警察官が結構いるのは知っているのですが、中国語
ができる警察官がいるって話は聞いた事がないので、すごく不安です。)


※追伸
中国政府が沖縄(琉球)独立へのプロパガンダ番組を作成したそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=i8dQgVCoKbA&feature=player_embedded

詳しくは、こちらのブログをよろしくお願い致します。
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka
Masked Rider, 2012/01/24 7:48 PM
Masked Riderさん、ありがとうございます。
まず米軍と中国人犯罪者の関係ですが、そういった資料は私のもとにはありません。また、米軍基地があるところでは中国人犯罪が少ない、という話も聞いたことはないですね。
ただ、中国人は自分の国にあるもので他国にあるものも考えることがよくあります。
彼らにとって警察は賄賂をつかませれば何とかなると考えていますので私にも金を握らせようとした犯人がいました。
沖縄米軍に関しても、解放軍と同じようなことをする軍隊であると考えているならば、確かに抑止力にはなるかもしれませんが、そこは実証できません。

警察の通訳捜査官育成に関しては、減少しています。
犯罪自体が偽装結婚や福祉詐欺、なりすましなどの逮捕しにくい犯罪に移行しているため検挙件数が減少し、通訳を必要とする機会も減ったからです。
これは恐ろしいことですが、現実に逮捕される中国人が減少しているので、通訳が増やせないのです。
しかし、犯罪は減少しているとは考えられません。逮捕しにくくなっているだけなのです。

通訳捜査官を増加できないなら、せめて警察学校で北京語の授業を取り入れるなどして、広く浅く学んだ多くの警察官が一時的にでも対応が可能であるようにするべきですね。
坂東忠信, 2012/01/24 8:23 PM

坂東先生

ご返答ありがとうございます。
通訳捜査官育成に関して、減少している状況とは驚きです。
中国語の道案内の設置より、中国語を話せる警察官の育成が
優先されるべきだと思うのですが。。。なんか世の中
おかしくなっていますね

不審者がいても中国人だと職質もできないんですね
今の状況だと。。。
Masked Rider, 2012/01/24 9:10 PM
昭和16年正月頃からラジオ放送を通て日本全土(満州・朝鮮・台湾ヲ除ク)に古式道理の朗々たる葛野守様の歌詠で、記紀などから後記、源氏・平氏.家物語、四書五経、勅撰和歌集、小倉百人一首などが、一挙放送され大日本帝国陸軍・海軍の全部隊(艦船ヲ含ム)で、桃園親王家の四書五経手習始で太子様の朗読を自主的に聴く事で勉強始(会)とした所が大変の多かったのを御存知ですか。
環境大学新聞, 2012/01/25 6:30 PM
この二か国の犯罪統計の中に、帰化人は含まれていないわけですよね?
国籍上は、彼らは日本人ですから、帰化人の犯罪は、日本人の犯罪として統計に含まれるわけですが、もし帰化人の犯罪を日本人の犯罪から除外して、元の国籍に含めたら、更に高くなるのではないでしょうか?
ウミユリ, 2012/01/25 11:59 PM
環境大学新聞さん、ありがとうございます。
知りませんでした。
素晴らしい勉強はじめですね。
自衛隊にも、文武両道を目指す気風をこうした形で継いでいただきたいと思います。
坂東忠信, 2012/01/27 10:51 PM
ウミユリさん、ありがとうございます。
帰化人に関する統計は全くありません。
帰化した以上、その帰属意識がどこであれ、国籍の上では日本人ですので、彼らの犯罪は私たち日本人の分としてカウントされますね。
帰属意識を日本とする外国人を歓迎するためにも、単なる登録切り替えではなく、国歌斉唱、国旗の授与、国民としての宣誓などを聞かの際に盛り込んでおくべきですが、今の帰化手続きはびっくりするほど事務的で、感動のかけらもない!と元中国人が怒ってました。(笑)

まあ、そういう数には現れない問題というのは、数しか見ない評論家では思いもつかない潜在的な問題であり、これからはこうした問題が致命的要素になると思います。
坂東忠信, 2012/01/27 10:57 PM
拝啓、坂東様

本日の講演会が付記URLブログで宣伝されていました。取り急ぎ書き込みさせて頂きます。
m(_ _)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺, 2012/01/28 8:18 AM
数が多いからじゃないですかね?フィリピンやブラジルの犯罪は高いでしょ
q, 2012/03/16 8:37 AM
>q, 2012/03/16 8:37 AM

いえ、発生率も高いですよ。
中国人、韓国朝鮮人は日本人の
4-5倍の犯罪発生率ですから。
q, 2013/07/15 4:22 AM
坂東様、こんにちは
Twitterでリンクされてたのを見て、今日こちらの記事読ませていただきました。
6年も前の記事ですので、コメントをチェックされておられるか分かりませんが。。。

すでにご存じかもしれませんが、アメリカの右派言論人でジャレド・テイラー Jared Taylor という方がおられます。
彼はアメリカン・ルネッサンス https://www.amren.com/ という人種問題に真面目に焦点を当てたウェブサイトを運営しています。

そこに「犯罪の色」The Color of Crime https://www.amren.com/the-color-of-crime/ というコンテンツがあります。
白人、ヒスパニック、黒人、アジア人というざっくりした人種の分類で、アメリカにおける犯罪率のデータを集めたものです。
たとえば白人の殺人率を1とした場合、黒人は30.9、ヒスパニックは12.4、アジア系は2.3といったデータが列挙されてます。(ちなみにアメリカの人種統計だとパキスタンなどもアジア人となってるはずで、それはデータとしての犯罪率を引き上げていると思われます)

単刀直入に言って、巨大な母数で統計を取った場合、個々人には色々事情はあれど、統計的な犯罪率というのは民族で決まるようです。
経済状態や家庭環境にもよるんじゃないか?という反論も当然あるでしょうが、
経済状態や家庭環境というのも、何十万人・何百万人というレベルでならしてしまえば、けっきょく最後に残るファクターは遺伝的なもの、つまり民族的なものだけになります。

様々な犯罪データを見ている限り、我田引水ではなく単にデータとして、日本人はおそらく世界で一番と言ってよいほど犯罪率が低い民族と思われます。中韓はその倍程度でしょうか?この他、様々な民族は白人も含めてほぼすべてが、日本に入ってくると相対的に犯罪発生率を上昇させることになると思われます。

長くなりましたが数十万・数百万という大きい規模でのデータとして犯罪を見た場合、効いてくるのは行政的な意味での国籍でも、また思想的なイデオロギーでもなく、生物学的な意味での民族であること、
この点はこれからの時代の日本において目を背けることの出来ない問題になってくると思われます。
缶コーヒー, 2019/09/14 11:17 PM