RSS | ATOM | SEARCH
国会議員からつながるヤバいリンクの旅
みなさん、こんにちは。
何度首相が変わって組閣しても、韓国外資系極左内閣であることには変わりないようですが(笑)、そんな民主党員につながる中国の不思議なご縁をご紹介します。

わかりやすくリンク集みたいにしましたが、皆さんも一緒にたどってみませんか?
面白そうだなと思う方、
どうぞぽちっとご協力を↓
人気ブログランキングへ


まず、この人の動画の最後に出てくるだんな様は、こんなイベントを主催していますが、見事にヤバいつながりを看破されています。(笑)

そしてこの旦那さまの所属するこの団体の住所と電話番号は、このブローカーと同じ番号です。


この団体がどんな広告を出しているのかというと、こちら↓


翻訳
★ 日本人との結婚、再婚、ビザなし、旅券なしの人のための特別滞在許可申請
★ 日本人配偶者のビザ更新と変更、日本人との離婚の後の定住者申請
★ 家庭内暴力事件の相談や賠償事案
★ 日本人に離婚される事案
★ 日本人に失踪されることによる生活や資格の問題
★ 口語体や書面の翻訳


旅券がない人は日本に来てはいけないのです。
ビザがないなら、帰国しなければいけません。
離婚して日本人の配偶者でなくなった滞在資格欠格者は、母国に帰るべきです。
雷

もう出入国管理及び難民認定法などの日本の国法の趣旨を理解していない、中国人滞在を勝ち取るための団体ですね。

ちなみにこの団体、こちらの804と805にその関連が出ていますが、普通の人はこんな二つの団体のリンクに気がつくはずがないわけで、これは体験者の話ではないかと思われます。

おまけ情報ですが、ここにも最初の彼女のつながりが出てくるのです。
この二つの団体の代表である「林 飛」は彼女の夫の友人で、息子は日本国籍を取って彼女の私設秘書をしているのです。

彼女の事務所内部につながる協力者の話では、その若い男性は父親と同じ姓を名乗り、現在彼女の町田事務所で働いているとのこと。

他にもこの「後援会」はたくさんの華字新聞に広告を出していますが、私も元刑事ですので、足で確認してきました。



民主化のための事務所があるはずのポストには、こんな団体名が。びっくり


敵の敵を味方と勘違いし、民主化運動のためにこうした団体を応援しても、ダメなんです。
そもそも敵を「中国人」や「中国共産党」という目に見えるもので定義していると、敵を見誤ります。

>敵は、自分を「中」心の「華」とし、他人にまでそれを強要する「中華思想」と、日本においてもこの思想を捨てない「中華主義者」です。


それにしてもこの彼女、全く目立たないながら、こういう人なので、注意が必要。すごい人脈ですね。

まだつながりそうなんですけど、今日はこれくらいで。楽しい

お帰りにポチっと
どうぞご協力を↓
人気ブログランキングへ
author:坂東忠信, category:-, 15:16
comments(9), -, - -
Comment
嫌な事件<2011.9.9>
不法移民って、どれだけおられるのでしょうネ。不法入国ブローカーが巧妙な手口でやって来ています。指紋の整形ですって?どうも国際犯罪組織があるようです。これからもきっと嫌な事件を起こすのでしょう。気掛かりです。

それと一般人が家庭菜園の様に、大麻を栽培しています。
覚せい剤・麻薬は、今も私達の身近に忍び寄っているようです。又、有名人が逮捕なのですかネ。嫌な事です。


クローン<2011.9.9>
人のクローンを研究している人がいます。
フランケンシュタインは勘弁して下さい。
イギリスって、どんな国なのですか。この「クローン」書いた字を見ていると、イギリスが見えました。

3・11の地震を2・16に予知したブログ「幸福への近道」より
http://terukomatsubara.jp/
teru, 2011/09/09 9:58 AM
坂東先生、こんにちは。
先生の臨場感溢れる渾身のご活動にはいつも頭が
下がりっぱなしです。

ところで、こんな記事を見つけました。↓
俳優業の男、中国人の女と偽装結婚 男女4人逮捕
「報酬は家賃の足しにした」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110909/crm11090912100008-n1.htm
おそらく氷山の一角だと思われます。
氷山の一角だと頭では分かっていてもいざ記事を閲覧すれば
やはり愕然としてしまいます。
「何をしている!?日本人!脇が甘いぞ!脇が!脇をもっと閉めろ!
戦いの定石ぐらい身につけろ!相手は握手した手とは
別の手で拳を握り締めて準備をしているんだぞ!
しっかりしろ!」と檄を飛ばしたくなります。

今、私の手元には先生が執筆された
「いつまでも中国人に騙される日本人(ベスト新書)」と
「中国が世界に知られたくない不都合な真実(青春出版社)」を
はじめとして政治経済、軍事外交、水&食糧・エネルギー関係の
書物をどっさり買い込んで本棚に置いています。
多面的かつ多角的に日本や世界がおかれている
情勢の把握に努めるためです。
ただ現在のところ、忙しさにかまけてあまり読み進める事が
できないでいます(^^;)ゞ。
先生が執筆された書物に関しましては私がいつも先生の
ブログを愛読させていただいている事も手伝って
本屋で見た瞬間に手に取りましたが、一応内容もざっと目を通しました。
そこで私が改めて思ったのは、世の中には中国関係の書籍が
多く出回っていますが、歴史による分析だったり、
主として中国駐在のジャーナリストによる情報からの分析が
多いように見受けられます。
しかし、先生のそれは他とはやはり一線を画しています。
ミクロ的(地域・民族的)に見た場合、
直に非常に多くの中国人と接してこられ、
マクロ的(国家・地域的)に見た場合、
中国という国家の動きをつぶさに見てこられた先生だからこそ
為せる「業」と「技」であると改めて確信しました。
私の知人や友人のように
「日本が亡くなる事は無い。大丈夫だよ。」と暢気な事を
言う人には平和ボケを解消するためにも
是非読んでもらわないといけません。
歴史から見ても国家がいつまでも存続できるという
保証なんてどこにもないわけですから。

中国が空母ワリャーグの試験航行をするなど本格的です。
世界中でそうですが、東アジアをはじめとした
アジア・太平洋地域も激動が本格化する兆しを見せています。
日本が生き残りを賭けた激闘に直面するのは時間の問題かも知れません。
日本と私達日本人は何としても生き残らなければなりません。
その為には現政権を倒し、政界を一掃すべきです。
そして、目覚めた優秀な30〜50代くらいの人たちが率先して
政治を執り行い、自虐史観から脱却し、軍備を拡張して
来るべきその瞬間に備えなければなりません。
日本という誇り高く美しく素晴らしい国を護る為にも!

警醒催眠, 2011/09/09 2:40 PM
teru さん、ありがとうございます。
その予言者?の方、実は私も以前から気にしております(笑)
国防も防犯もまずは意識からであり、
意識は心に危機を感じ取るセンスがなければ動き出しません。

そういう意味で、来年は「心」、
特に世界が今必要としている協調社会を実現している
「日本人の心」に
世界がスポットを当てるような気がするのです。
「クールジャパン」として目に見えるものを作り出す、
裏側にある精神文化が注目されるかも。

まあ、政治家も宗教家も予言者も、必要とされる時代と、
時代に合った人というのがいますから、
イニシアチブをとる人はこれからも変化し続け、
たくさんの人が出ては消えることと思いますが、
その中にも変わることのない何かがあるはず。

そういうものを見極めて大切にしていきたいものですね。
坂東忠信, 2011/09/09 11:52 PM
警醒催眠さん、ありがとうございます。

確かに今の日本のままでは、日本人は残っても
日本人がこれまで伝えてきたものの考え方や人生観は、
なくなってしまうかもしれません。

実際に今日本人がどうして中国人を受け入れるのかというと、
金がほしいからです。
逆に言うと、金以外のものが見えていない。

自分の商売となれば綿密に利害得失を計算できても、
国家スケールでこれを考えることができないというのが、
我が国の致命的欠陥ですね。
自分の危機には敏感だけど、
みんなの危機を危機と感じられないのが
国家崩壊の予兆でもあります。

危機意識だけでは感情的になりますが、
私はこれも心配しています。
感情的なだけの愛国心では、中国と同じレベルになりますね。

そうした感情を抑えられるには、
やはり天皇陛下が何をお考えで、
何をお喜びになり、何をお望みになるか、
ということに思いを巡らせ、
日本人の一人として恥ずかしくない方法で
この国を保ち守る活動を展開することが
大切です。

そんな行動の指針となる、
「天皇陛下」という存在があるこの国にいるというだけで、
私たちは姿の見えない神や
国民を見下げる国家主席を祭り上げる国よりも
はるかに有利だと、わたしは思うのです。

ともに日本を盛り上げてまいりましょう!
坂東忠信, 2011/09/10 12:18 AM
坂東さん、
いつも大切な記事を読ませて頂き有難うございます。m(__)m
記事の内容とは違うコメントをすみません。
ツイッターで教えてもらった情報なのですが・・・

中共のために自国を裁判する日本人弁護士たち
http://blog.sina.com.cn/s/articlelist_1286363257_8_1.html

すでに坂東さんなら掌握しておられると思いますが、
いつかこういう人達をしょっ引ける世の中になってほしいです(;∀; )
, 2011/09/18 12:16 PM
お知らせありがとうございます。
実は今日その名簿を入手しました。
住所氏名までしっかり書いてありますので
いずれもと記事とリンクして公表してやりましょう。
どうぞお楽しみに。
坂東忠信, 2011/09/18 9:04 PM
昨日は講演お疲れ様でした。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。
講演会のことを、拙ブログで取り上げさせて頂き、こちらの記事を一部転載させて頂きました。
事後報告ですが、ご了承願います。
coffee, 2012/01/29 1:51 PM
トラックバックがないようなので、引用させてもらった記事のURLを貼っておきます。

櫛渕万里議員の支那人夫「李松」(民主活動家)が旅券なし不法滞在者のために特別滞在許可申請
新風講演会「激増!在日中国人の脅威−元警視庁「通訳捜査官」が見たヤツらの手口−」
許せない外国人留学生優遇
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4532.html


ちなみに、私は、支那のことを「支那」と呼んで、「中国」とは呼ばないように心がけています。
coffee, 2012/01/29 2:04 PM
coffeeさん、先日はお忙しい仲お越しいただきありがとうございました。
また、ブログもご紹介いただきありがとうございます。
カネで情報が縛られて真実が伝えられない現在、一番大切なことは、情報を取られないなりに疑問を持つことだと思います。
今月は横浜と、沖縄複数個所を回っての講演予定がありますが、今当たり前になっている物事におかしなことがあれば疑問を持ち、声を上げて、それぞれが得意分野を生かして、できる時に、できることから、できるだけ、できるまでみんなでやることの大切さをお伝えしてまいりたいと思います。

ともに日本を盛り上げてまいりましょう!
坂東忠信, 2012/02/02 8:23 AM