RSS | ATOM | SEARCH
負けを選んでいる日本
みなさん、こんにちは。
とうとう釈放してしまいましたよ。体当たり船長。
日本はすでにぼろぼろです。ぼろぼろにしようとした政治家を私たちが選んだのですから仕方ありません。
日本人は局面ごとに勝ちを狙いますが、中国は最終的勝利を目指しているのですよ。

今回の事件は、最初から仕掛けられています。そして日本は最初から負けています。
ちょっと長いのですがどうぞご覧ください。

まずおかしいのは、船長の態度です。
これは私も事件当初から有楽町駅前での演説で、またブログでお伝えしていましたが、
http://www.youtube.com/watch?v=nmF9xwJOx18
何がおかしいか、皆さんお気づきでしたでしょうか。

私の経験から言うと暴れる被疑者(犯人)というのは、必ず取調べでも暴れるものなのです。
しかし今回逮捕された船長は海保艦艇に体当たりまでしておきながらおとなしく取り調べに応じています。
これはなぜか。

体当たりは逃げるためではなく、最初から逮捕してもらうためだからです。逮捕されて尖閣の領有をアピールするよう、共産党とつながった工作員なのです。

これをフォローするために、中国は徹底して強気の姿勢を示しましたが、これは船長のためではなく、来年6月17日に計画されている全世界の民間中華民族団体の尖閣諸島集団上陸を盛り上げるため。
「安心して上陸しろ。中国は中華民族のために徹底フォローする!」と言う、メッセージなのです。

しかし中国は中国で危なかった。

白樺油田の機材搬入、レアアースの禁輸を実施、さらには円高操作までにおわせて、短期決戦に踏み切ったほど、短期決戦でなければ、中国もやばかったのです。

すでにお伝えしている通り、中国国内には人民解放軍の8割を掌握している習近平をトップとする「太子党」と、これを支持する利権こってり権力がっちりの長老幹部が、軍拡より「公民の尊厳」で推し進める胡錦涛現政権を固める「青年団派」に鮮明に対立しており、反日デモの中核ともなっているまだ若い下級退役軍人が太子党ルートの指示で動きかねない現実があります。

実際に中国の警察は日本大使館前で中国国旗を揚げるデモ参加者の国旗まで奪ってデモの過激化を防いでいます。
それほど現政権はデモの暴徒化を恐れていたのです。

今回の尖閣事件の計画自体、中国の綱渡りであり、胡錦涛の賭け。

もし日本が頑張りとおし、燃え上がる国内の反日デモが制御不能となれば、どうなったでしょうか?

民衆の不満をバックに、現政権に対立姿勢を示している太子党が、軍を動かしたかも。
政治主導で軍を動かそうとしても、すでに解放軍は堂々と胡錦批判をしていますから、どう動いてくれるのか分かりません。
下手すると同時にクーデターが起こって、尖閣占領で民衆を納得させて基盤を作る新政権が出来上がるかも知れなかったのです。

対する日本は粛々と法にのっとり事件を処理するとは口ばかりで、国民がしゅくしゅくと泣くはめに。
さすが勘違い甚だしく勘が狂って韓に謝った菅Soryy政権、今ごろはどういう口上で謝ろうかと思案中のはず。

はっきり申し上げます。
おそらく彼は、尖閣を確保しながらどうやってことを丸く治めるかを考えていると思いますが、中国は丸く治めようと思っていませんから、無駄です。
しばらくの間レアアースは、良くても特別高価格で「お恵みいただく」立場となります。

釈放が決まった本日2日目には、すでに中国側は賠償と謝罪を要求し、
白樺油田は採掘を再開しています。
今後は尖閣への関与を断念させるでしょう。
中国はすべて計画済みです。失敗しても違う手まで考えているのです。

しかも日本では報道されていませんでしたが、中国のディーゼル明級潜水艦がすでに九州南の大隈海峡を通過していたことが、日本のP3C哨戒機によって確認されており、軍の動きも活発だったことをうかがわせています。
これは情報の逆輸入で、まったくなさけないことに、日本のマスコミは報道していません。
http://www.wforum.com/news/headline/newsViewer.php?nid=22380&id=31103&dcid=8

一方日本政府には、いや、私たち日本人自身に計画がありません。
だから民主を選んでしまうし、正邪を判断する検察までもが政治判断をしなければいけなくなるのです。
政治が狂えば正義が狂う。今後裁判に勝つのは正しいものではなく、強いものです。強盗が勝つのです。

元刑事としてこれほど頭に来ることがあるでしょうか。

民主を政治に送り込んだ段階で、国民が日本を滅ぼす結果が見えているので、最初から負けていたのです。
私たちは話し合いの通じない、勝つかまけるか、生きるか死ぬかの現実世界の中華外交に応じなければいけないのですよ。

ドM国家小日本に、この先何が起こるのかについては、拙著にございますので、機会がありましたらどうぞご覧ください。

どうぞぽちっとご協力を↓
人気ブログランキングへ
author:坂東忠信, category:日本人の課題, 13:26
comments(5), -, - -
Comment
こんにちは。アメブロではなく、こちらにコメントさせて戴きます。

 政府の決定には情けないかぎりです。民主党政権ですから、こういう事も予想はしていましたが、あまりにも早い屈服に驚きました。

 菅首相らは、日本人4人の拘束で相当ビビってしまったようですね。喧嘩にもなっていません。カードの切り方も知らずにポーカーをしたようなものです。

 おっしゃるように、漁師は工作員でしょう。中国は最初からやる気(盗る気)で仕掛けてきましたから。喧嘩の出来ない政権を選んだ時点で、日本は狙われたと思います。

 今回の坂東様の記事、一部拙ブログに引用させて戴きたいと思います。宜しくお願いします。

 今回も大変参考になりました。

ふじやまぱぱ, 2010/09/25 3:36 PM
こんばんわ。今回の尖閣諸島問題は中国共産党に対する怒りよりも、日本の媚中派に対する怒りのほうが強いのが本音です。 特に許せないのは、全ての責任を那覇地検に押し付け、実際に釈放を決めた仙谷官房長官は許せない!一刻も早く解散総選挙を行なうべきです。勿論争点は尖閣諸島問題で。
青空, 2010/09/25 8:42 PM
拝啓、坂東様

喩えるならば、
自民党が時々迷う藪医者なら
掛かると必ず死ぬ紐医者が民主党であります。

尖閣侵略報道は、坂東様の指摘された通り
チャイナ進出企業であるスポンサーに配慮し大マスコミでは殆どきちんと掘り下げては報道されません。

日本が中国の自治区になる

読み返すに今回のチャイナ尖閣侵略が警鐘されております。

宣伝、ご容赦下さい。

谷崎光氏の中国てなもんや日記

http://blog.goo.ne.jp/tanizakihikari/


河添恵子氏ブログ
http://kkuniversal.blog34.fc2.com/

中国人の世界乗っ取り計画 産経新聞出版
ご高覧下さい。
m(_ _)m乱文にて敬具
(^o^)風顛老人爺, 2010/09/26 6:41 AM
私は中国はいずれ日本と戦争をするつもりで手を打っていると思っています。沖縄を占領し、日本を属国とするという目標に行きつくまでにどこかで戦火を交えることを前提にシナリオを描いていると思うのです。それどころか戦わずに屈服することを恐らく中国は許さないでしょう。相手が望んでいる以上戦争は避けられない必定の未来なのです。支那事変がそうであったように。

政治家は腹をくくる時だと思います。そしてそのためには私たち日本国民が腹をくくらなければなりません。覚悟を決めてその時に備えるのです。中国はいつか変わるだの崩壊するだのという希望的観測や願望は捨て、逃げ回るのを止め、現実を直視し、最悪のシナリオに備えて、全力で心と物の準備をすべきだと思います。自己保身を止めて、国のために何ができるかを真剣に考えるときだと思うのです。私の覚悟はもうできています。
esper, 2010/09/26 11:10 PM
坂東様,

まったく,今年一番の脱力したニュースとなりました。
批判の矛先を那覇地裁に向けるために、地裁が勝手に独自に判断したかのようにコメントしていますが、あの元社会党員の極左官房長官が後ろで手を回したようです。

それにしても、何故こうも体を張って命がけで尖閣諸島を守っている海保の努力を無にするようなことを平気でするのでしょうか? 許せません。
そよ風のブログ
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/2010-09.html?p=2#20100917
海保応援動画
http://www.youtube.com/watch?v=PhmRVtbLXig
で海保に応援・激励メールを送ろうと呼びかけていたのを見て、メールを送ったばかりだったのですが。

tiamat, 2010/09/27 3:57 AM