RSS | ATOM | SEARCH
国内感染者に会ってきました。
みなさん、こんにちは。
お騒がせなブログを書いている坂東です。
ちょっと長いのですが、すでに国内に存在する中国感染病の続報ですので、どうぞご覧ください。冷や汗

昨日私は、感染者のmaruoさんに会って、お話を聞いてまいりました。
http://ameblo.jp/maruobarca/
彼の元にはすでに他の日本人感染者と思われる方からもメールが寄せられています。国内のようです。)

政治家や政府を動かそうとしても、自分が座ってメールするだけでは、私より忙しい先生方に動いてもらえるわけがないですからね。

会って最初に感じたのは、目がずいぶんと充血しているということです。
そしてひと目で、かなり気落ちしている様子が分かります。

しかし、私は困ってしまったのですよ。
私は患部などの明瞭な写真を撮って、それで皆さんに分かってもらおうと思っていたのですが、目の充血以外はまったく外見に病状がないのです。

彼のこれまでの経過はそのブログに詳しく書かれていますが、改めて簡単にお伝えします。

まず感染は去年九月下旬。
2泊3日で香港旅行の際、ちょっと羽を伸ばして、マカオのサウナ「金池」で一晩一回60分、滞在中、計2回遊んだのだそうです。
(向こうではサウナで性的接客があります)

苦しんでいる本人に恥ずかしい話を聞くのは、なんとも心苦しかったのですが、どちらも同じ店で、最初はキスと下半身への口による刺激を受け、その後コンドームをかぶせての本番となったのだそうです。

二日とも違う女性ですが、どちらも色白の背の高いすらりとした女性だそうです。
(それらの話を聞くと、どうも現地香港などの南方系ではないような気がします。私が思うに、上海か大連の女性かもしれません。)

このお店「金池」は、現地でも日本人には有名なお店だそうです。
ネットで評判を確認してから行ったのだそうですので、現地の日本人諸兄、ご注意を。

その後帰国、10月上旬には電気が走ったような全体的倦怠感をはじめ、頭髪は脱毛髪質は変化し、体のあちこちが痛み出して、皮膚科、口腔歯科、耳鼻科、保健所、整形外科、総合大学病院など9箇所での診察検査に通うのですが、すべてまったくのシロ。

外見的症状は、正常時の自分を知っている自分なら比較認識できるのですが、医師が見ても以前の状態を知らないので、その違いが分からないのだそうです。
さらに通常の検診やレントゲン・脳MRIでの診察でも、目に見える異常は確認できません。

これでは感染していても、訴えようがありません。
医学的には裏づけがないのです。

しかし痛みと違和感は体中の複数箇所で発生していて、一つ一つどこが痛いかすら分からなくなってしまうのだそうです。

これは明らかに中国渡航前にはなかったことで、感染してから初めて「エイズ恐怖症」の存在を知ったことや、それまで普段の生活にはほとんど不満やストレスがなかったこと、さらに痛みや違和感は本人には明らかで、決して気にしないでいられるものではないことから、この南方都市报のニュース↓で書かれているような心因性のものではないといいます。

http://gcontent.nddaily.com/d/fb/dfb84a11f431c624/Blog/93a/0fdb2e.html

でも、食欲はあるそうです。
睡眠時間は一日に5〜6時間ありますが、眠りはずいぶんと浅いとの事です。

新聞記事などでは汗でも感染するといわれていますが、彼がメールをやりとりしている中国人や何人かの話では、汗での感染はなく、唾液だという見解が多い、との事。

中国はこれを隠したい意図もあるでしょうが、おそらく事実を突き止めること自体ができないし、目に見えるデータも患部もないので、ノイローゼの一種として「エイズ恐怖症(恐艾症)」と命名したのでしょう。

ちなみに先に紹介した南方都市报のニュースでは、こうした症状を訴える60人を検査したところ、どれも特段の異常は見当たらなかったのだそうです。
記事中に「患者は症状があると訴えるが、医師が見ても症状は現れていない」という記載がありますが、ある意味当たっているといえます。

しかし、彼の身になって考えてみてください。
明らかな痛みと麻痺や違和感をほぼ五感で体のあちこちに感じるのに、体の変化はごくわずかで正常範囲、どの医者に行って検査しても外見上にまったく異常がないため、医師には理解されず対応すらないのです。

その苦しみは自分だけのもので、誰にも分かってもらえず、しかも人に感染させることを恐れて孤独な日々をすごすのですよ。
精神的にめいってしまうのは当然です。

私は医学の知識はありません。
しかし医学の知識がある先生方が診ても分からないのですから、第三者的観点から申し上げます。

これは彼を含めた複数感染者の組織的なウソでないかぎり、
「体はほぼ正常なのに、感じる刺激が痛みや違和感として脳に伝えられる、もしくは正確に脳に伝わらない病気」 だと思われます。

彼の話では、ネットを利用して連絡を取り合う中で、同じ感染者が死んだという話はまだ聞いていないが、連絡が取れなくなった人はいるので、回復したのかもしれないし、違うかもしれない、とのこと。

「大紀元」では「続々と死亡者も出ているようだが、」と報じられていますが、「南方都市报」のニュースでは死亡者ではなく自殺者が確認されています。
痛みは、「波ではなく、グラブに表せば階段のような形になる」とのこと。
つまり体は普通でも、感じ方がどんどん悪化しているというのです。

これは私・坂東忠信が直に面会して見聞きした感染者の状況です。
症状が他人の目に見えない限り、異常の存在は明らかではありませんので、信じる信じないは皆さん次第。

「体の複数箇所に違和感や痛み、痺れを感じ続け、
 信じてもらえないし打つ手もない。
 今の私は何なのか、この体は私なのか、
 私はこれからどうなるのか、
 自分の存在自体がわからなくなってきた。」
「最近は片方の目が麻痺してきている」
とのことです。

すでに国内に唾液感染と思われる感染者がいて、そしてその発生源と言われている中国から、7月にはさらに多くの中国人が来日するのですよ。

私は5月27日に、この問題に関する対処のおねがいメールを長妻厚生大臣に送り、このブログと同じ内容を、本日(5月29日)9時47分にもお送りしております。 対処が必要と思われる方、どうぞ↓ポチッとご協力ください
人気ブログランキングへ


   ☆   ☆   ☆

それから、私からのお願いです。
今のところ、感染者のmaruoさんを支えるのは、皆さんのご理解しかありません。

気持ちが前向きであるだけで、乗り越えられる痛みもあると思います。 彼は体調が良好ではないため、すべての人にレスすることはできませんが、どうぞmaruoさんのブログ(http://ameblo.jp/maruobarca/)に、みなさんの暖かいメッセージをお願いします。

追記1 感染者maruoさんのブログは閉鎖されました。
    心無い書き込みに耐えられないとのこと。
    引き続き電話やメールで連絡を取っています。
  2 問題を明確にするため、新しい情報をご覧ください↓
  
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?day=20100601 
  3 レスに書き込みのある「感染者しかも」「おかしいです」
  同一のIPアドレスから発信されている、複数意見へのなりすましと判明。
ご注意の上、ご覧ください
   
author:坂東忠信, category:日本未報道の中国ニュース, 12:45
comments(15), -, - -
Comment
この症状って更年期と似てるんですよね。
手足のしびれ、口の渇き、視力・聴力の鈍化、めまい、頭痛、微熱、だるさ、下痢・便秘、吐き気、更年期性歯肉炎。しかし原因が分からないのも不安でしょうね。
k, 2010/05/29 8:02 PM
拝啓、坂東様

早速 ご紹介のサイト拝見致しました。

軍学者 兵頭二十八氏の半公式サイト

http://sorceress.raindrop.jp/index.html

に紹介させて頂きました。
m(__)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺, 2010/05/30 4:55 AM
坂東さん、お疲れ様です。
感染した方も訪問してくれて心強かったでしょうね。病院ではシロなので治療法がないと突き放され、一方で着々と体が蝕まれていく恐怖は相当なものだとお察しいたします。

白血球は正常値だったのでしょうか。症状だけ見ると、抗がん剤の副作用とよく似ていますね。一度「AHCC」を試してみてはいかがでしょうか。抗がん食品として知られていますが、エイズの治療にも期待されているものです。

免疫機能を高める力が抜群で、抗がん剤の副作用に負けず、髪が抜けるどころか黒髪がどんどん生えてきた例を身近で見ました。今回の件は、がんでもエイズでもありませんが、QOLが良くなると、希望がもてると思います。

札幌のアミノアップ化学という会社の商品で、2002年にアメリカでNUTRACON賞を受賞している優れものです。代理店は各地にありますが、未知のウイルスということもあり、心配であればAHCCを使って治療を行っている病院も各地にあるので、先生の説明を聞いてから試してみるのもいいと思います。

過度な期待を持たせる訳ではありませんが、当時この世にこんな凄いものがあったのかと感動したので、少しでも免疫力を回復して日常の生活を取り戻していただけたらと思い、ご案内してみました。早くウイルスの実体と対処法が分かることを祈っています。
kumachan, 2010/05/30 11:17 PM
はい
阿修羅, 2010/05/31 11:26 AM
すみません、この病と湾岸戦争症候群の一致に気付いてますか?この病の原因はウィルスではなく、マイコプラズマファーメンタンス・インコグニタス、と言うアメリカが開発した兵器化されたマイコプラズマです。HIVの皮膜遺伝子を組み込まれているため、HIV様の症候群を呈しますが、PCRと言う検査でないと発見できない細菌です。実は治療方法もガースニコルソン博士と言う方が開発しており、アメリカでは回復したかたもいます。
坂東忠信さん、どうか、2ちゃんねるの 非クラミジア性非淋菌性尿道炎 というスレッドを見てください。五、六年前から、国内でも治らない尿道炎から、全身症状に至る不思議な病に苦しむ人々が存在しております。中国でのパンデミックはたまたまです。
阿修羅, 2010/05/31 11:33 AM
Kさん、ありがとうございます。
本人は痛みもさることながら、他人に感染させないように、しかし気付かれないように気を使う上、誰にも分かってもらえないので、精神的苦痛も大きいようです。
よろしければ彼のブログで、励ましのレスをお願いします。
坂東忠信, 2010/06/01 11:53 PM
(^o^)風顛老人爺さん、たくさんの方々へのお知らせ、ありがとうございます。
現段階では個人での感染予防しかありません。
どうぞ皆様にも、健康衛生管理の徹底を、よろしくお伝え下さい。
坂東忠信, 2010/06/01 11:55 PM
kumachanさん、ありがとうございます。
AHCC、初めて聞きました。
この病気に効くのかどうか分かりませんが、黒髪が生えてくるなんて、人によっては夢のような薬ですね。
後でmaruoさんにも伝えておきます。
ご協力ありがとうございました。
坂東忠信, 2010/06/01 11:58 PM
阿修羅さん、ありがとうございます。
細菌兵器の一種なら恐ろしい話です。
確かにこの感染の仕方、発症までの短さは、兵器としては向いています。でも同時に、治療方法もあることに希望もありますね。

現時点ではそれと同じかどうかは分かりませんが、同じであるならば感染経路は中国からだけではないということになります。
防疫体制などが見直されないと、日本は国際化社会など乗り切れませんね。
坂東忠信, 2010/06/02 12:02 AM
坂東さん、ご面倒おかけしました<(_ _)>
国際エイズ会議(横浜)で、「エイズ患者におけるAHCC免疫療法報告」という学会発表も行われたことがあるようです。シロといえども、CD4が減ると免疫が機能しなくなるので、他の病気を誘発しないよう、1日も早く元気になりますように☆。・:*:・.・☆。
まずは、1日の記事で、治療法がある!と書かれていたのを見て、一安心しました(^-^)
kumachan, 2010/06/02 2:30 AM
私も中国人と遊んで、HIV不安になりこの記事を見た瞬間から、体がしびれてきました。
多分精神からくるものでしょう
予防を訴えるのも注意を促すのも必要ですが、この記事を見て不安になり精神がおかしくなっている人がいるということも一方で考えてブログは書くべきでないかと思います。
感染しかも, 2010/06/12 6:00 PM
kumachan さん、ありがとうございます。
この病気は心因的なものならば、CD4が通常人の数値を下回るのも分かります。
しかし、ノイローゼになったからCD4が低いのか、CD4が攻撃されて低くなったのか、そこは分からないとのこと。

治療法がある、というのは、「マイコプラズマ説を正しいとした場合」の話ですので、一部で言われているこの説自体が当たっているかどうかは全く分かりません。

まあ、医学者なら新しい細菌やウイルスを発見したら、これは名誉なことですから、是非取り組んで頂きたいと思います。
坂東忠信, 2010/06/13 10:52 PM
感染しかもさん、ありがとうございます。
>予防を訴えるのも注意を促すのも必要ですが、この記事を見て不安になり精神がおかしくなっている人がいるということも一方で考えてブログは書くべきでないかと思います。

う〜む、申し訳ありませんが、それは難しいですね。
もし公的機関がブログの国内感染者を確保していたら、私も本件を書くことは無かったでしょう。
感染者しかもさんも、不安に陥ることは無かったでしょう。

でも現実はそうではなく、彼は野放し状態でした。
そして他人に感染させまいと、気を使いながら、保護してくれる病院を探していたのです。

では書かなかった方がよかったのか、と考えると、私はそうではないと思うのです。
現に彼は日本国内にいて、痛み苦しみを訴えていますから。
彼の言うように伝染病であれば危険が伴います。

では書きかたに問題があったのか、と考えると、確かに書き方はさまざまあるはずです。

しかし、どんな書きかたであれ、書く以上は少なくともそういう日本人患者が日本国内でブログに訴えている、という事実は書かねばなりません。

もちろん他への影響も考えた上で、ブログを書くことにし、書きました。
難しい問題ではありますが、知らん振りをするよりはいいでしょう。

そして書いた以上、余計なパニックを防止するためにも、皆さんから寄せられた、または私が見つけた続報は、きちんとお知らせもすべきだと思い、書いた者の責任として、家族に止められても、感染者と接触し、お茶しながら話を聞いてきました。

因みに私の体で証明するならば、少なくとも空気感染はありませんのでご安心下さい。

やはりこういう問題は、国民が真実に気づく前に、知らせを受けた政府機関が秘密のうちに着手解決してくれるのが一番かもしれませんね。
坂東忠信, 2010/06/13 11:27 PM
コメント見ていて思いました。確かに注意喚起は必要ですしかし最初はエイズに似た奇病と煽ったじゃないですか。
注意喚起なら原因不明の病気と書くべきではないですか。
感染したと思われる人もそうです。いきなりエイズという見出しからきました。 例えブログとはいえもう少し考えるべきでは。あげく中国のAIDS恐怖の事まで出して BBCニュースの事は正確にふれない 北京語が読めるのなら中国疾病予防対策センターに電話して聞いてみてくださいお願いします
おかしいです, 2010/06/17 11:55 PM
おかしいですさん、ありがとうございます。

>しかし最初はエイズに似た奇病と煽ったじゃないですか。

困りました。注意喚起を「あおった」ととられては、危険の存在に対する注意喚起をどのように表現すればいいのか、私には分かりません。

はじめ私は、リンク先だけを並べて「謎の病気が発生しています。これこれこういうニュースがあり、国内幹線者がいます」とだけやったほうがいいのかとも考えていました。
しかしそれでは単なる情報の垂れ流しで方向性がないので、余計にいろいろな方向に恐怖が想像を膨らませて、いらぬパニックを起こすと思ったのです。

現実にアメリカ軍がばら撒いたマイコプラズマ兵器という具体的な推測も出てきたくらいです。兵器となればこれが一人歩きしたら大変です。
リンク先の大紀元のニュースなど、大紀元の立ち位置を知らずに初めて見る人がいたら、余計に怖いでしょう。

だから、最終的に、新聞記事の内容簡約と感染者側の意見を両方掲載し、うがい手洗い健康管理を呼びかけるなどの方向にしたのです。

「原因不明の病気」ではなく「感染力の強いエイズのような奇病」というのがあおっていたというならば、おっしゃる通りかもしれません。

「エイズのような」という部分が不適切とのことですが、さまざまな痛みがさまざまな症状として感じられるという点で感染者や私等の一般人の理解レベルとしては、近い表現だと思います。

唾液で感染する可能性はあるとのことで、ネット情報のみで書き始めた当初はリンク先の新聞記事等を頼りに書いていましたので、感染力が強いのかどうか、私は確認していませんでした。そっちのほうが問題でしたね。

そこで感染者に会いに行って一緒にお茶しようということにしたのですが、少なくとも私の体で言えば、空気感染はありませんのでご安心ください。
書いた責任は、私の体で安全性を証明することである程度は果たしたと思っています。

>あげく中国のAIDS恐怖の事まで出して BBCニュースの事は正確にふれない

国内感染者の方の記事に関しては、文責を追いかねます。
私の記事に関しておっしゃるならば、恐れ入りますが私のブログ記事でのリンク先の紹介の仕方を今一度お読みください。

>北京語が読めるのなら中国疾病予防対策センターに電話して聞いてみてくださいお願いします

私自身が中国のほうに連絡しないのは、リンクした新聞記事「南方都市報」で、すでに中国医療機関の見解が出ているからで、ましてや外国の一個人が電話をしても結論が見えているからです。

私もこれは仕事でもなく、趣味でもなく、同じ日本の皆さんに注意を促すボランティア的な方法で毎日ほぼ半日をかけてやっております。
すでに手一杯ですので、それでも問い合わせる価値があると思われたのでしたら、どうか身近な北京語ができる方を探してお手伝いをお願いしてください。

それぞれの意見はさまざまですが、何らかの発案がありましたら、情報を受け取るだけではなく、ほんの少しで結構ですから行動していただきたいのです。
坂東忠信, 2010/06/18 8:43 AM