RSS | ATOM | SEARCH
冷静にお読みください。
みなさん、こんにちは。
今日はちょっと長いですが、かなりやばそうで、とても大切な事ですので、どうぞ冷静に、ご覧ください。

       ホットコーヒー
    
中国では、今、感染力の強いエイズのような奇病が広まっています。
しかし中国政府は、現在開催中の万博への影響を恐れてか、この一大事を公表していません。

この事実は中国でも記事になっていますが↓
http://gcontent.nddaily.com/d/fb/dfb84a11f431c624/Blog/93a/0fdb2e.html

その名前は「エイズ恐怖症」(北京語で「恐艾症」)で、エイズに過敏になる心理的要因の疾病とされて、対策はなされていません。
マイミクのツテで翻訳してくれた方によると、概要は

・彼等は絶対にAIDSに感染していない。
・彼等に医学上の身体的特徴は全く見られない

・患者の免疫指標はみな非常に良好

・精神的な高度の焦燥が、全ての免疫能力の低下をもたらしたから。

・極度の思い込みから、一部は精神的苦痛に堪えられず自殺した。

・リンパ節の腫れは、彼等が触った浅い表面的な慢性の炎症が引き起こしたリンパ節で、おそらく皮膚炎。

・彼等は皮膚に発疹があると言い、医師は誰の皮膚にも発疹はないと言う

・うつ病の患者はCD4が低い。AIDSノイローゼも重度の精神問題である。

・専門家の間では「AIDSノイローゼ」が定説

・未知病原体検査の研究部門はたくさんの訴えがあったが患者からの血液サンプルを検査したが、病原体感染の痕跡を発見しなかった

・しかし新病原体感染を完全に排除することもできない。

とのこと。

しかし一方、この病気にかかって症状を訴える中国人の悲痛なブログも存在します↓
原文 http://blog.sina.com.cn/s/blog_5e8fd1270100d807.html

(注:この翻訳は、ミクシィの私の日記のほうにアップしておりますが、感染者であるブログ主が感情的になっている部分がありますので、冷静にご判断いただくため、こちらには掲載しません。ご興味のある方は私のミクシィ「坂東忠信」の日記「注意 中国は隠している」からご覧ください。)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1496479700&owner_id=16406968

この患者のブログを要約すると、
1 HIV検査をしても陰性反応しか出ない。
2 コンドームをしていても感染する。
3 病原菌が攻撃するのはCD4細胞である

ということで、症状としては

1 できものができて、破れる
2 頚部リンパ球がしこりとなって浮き出て、押すと動く
3 舌が白くなる
4 疲労倦怠感が強まる
5 歯茎から出血し、異臭がある
6 体の表面に血の点々ができる
などなど。
これらが二年間続いているというのです。

さらに、この患者から感染した女性は、筋肉痛、吐き気、めまい、のどの痛み、下痢、特に強いのは疲労倦怠感とのこと。

この病気は以前も、中国から宗教弾圧を受けている宗教団体「法輪功」の機関紙「大紀元」にも掲載されていたようで、
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/06/html/d68015.html
↑こんな病気なのです。

そしてこれが、すでに日本人に感染しています。
中国から帰国して、現在は関東在住とのこと。ご自身の容態を公開し、情報を求めています。
http://ameblo.jp/maruobarca/entry-10541119036.html

この日本人患者の訴えている症状は上記の中国人患者のブログにあるものと共通するものがいくつかあり、同種のものではないかと思われます。


注意すべきはこの「エイズ恐怖症」とされる奇病が、唾液感染するらしいということ。
そして他の記事を読む限り、エイズ検査では陰性反応ながら、エイズ同様の症状があり、潜伏期間は一年間ほど(個人差があるようです)とのこと。

この日本人感染者の方は、自身の容態を随時アップしています。
過去の日記を見ると、彼が感染者同志で連絡を取り合い作成した感染者リストには、他にも日本人の名前が見られるとのこと。

今、日本にはたくさんの中国人が合法違法を問わず来日、滞在し、さらにたくさんの中国人女性が風俗で働いています。
アンダーグラウンドながらネット販売などで売り上げ好調といわれるアダルトグッズも多くが中国製造だそうです。

さらに、たくさんの食品や品物が中国で生産され、私たちと密接にかかわっています。
どう対処を取るか、それ以前に、日本は中国に対して対処を取れるのでしょうか?

この病気に関する賛否両論を知り合いの政治家先生や、いくつかの情報発信局などに連絡しました。
政治家の先生方は忙しく、確証がなければ動きません。
私としては、情報があれば確認と対処に動いて欲しいのですが、そうは行かないようです。

死者やより多くの感染者が出てからでは、情報の拡散に恐怖がついて回りますので、皆さんが冷静に受け止められる現段階で、事前知識として周知頂き、感染予防にご注意いただきたいと思った次第。

この記事を書いている私自身がデマであることを願うのですが、万博開催中の中国が相手では隠蔽されている可能性もありますし、日本では豚があの始末日本在住の日本人が感染している以上、スルーするわけにはいきませんでした。

本件は私坂東忠信独断のお知らせです。
万が一これらのリンク先の情報がデマであったなら、お金はないから頭丸めて責任とりますので、ご覧の皆さんもどうか冷静な予防対策をお願いします。

多くの人がひとつの情報としてこれを知り、冷静な行動と、うがい手洗いなどの衛生管理、危ない火遊びなどの自粛と、MY箸の携行活用をお勧めします。

この話はヤバイとお思いの方、どうぞご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ

追記:
問題を明確にするため、最新情報を掲載しておりますので、引き続きご覧ください↓
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?month=201005
author:坂東忠信, category:日本未報道の中国ニュース, 14:10
comments(14), -, - -
Comment
エントリーご苦労様です。

この病気の事は、他のブログでも取り上げられていました。日本在住の日本人に感染者が出ているのは、初めて知りました。

たしかに中国は黙殺、隠蔽に徹すると思います。また、日本も隠蔽体質の民主党政権である以上、これに倣うのは自明の理でしょう。

現在、日本国内には多数の中国人がいます。特に風俗や水商売に顕著です。私事は軽率な行動は慎み、冷静に推移を見守る必要があると考えます。

私も冷静にこの病気のことを啓蒙していきたいと思います。

現在の政権は、口蹄疫であの対応ですから「セルフディフェンス」しかありません。


ふじやまぱぱ, 2010/05/28 7:26 AM
ふじやまぱぱさん、ありがとうございます。
あまりにとんでもないブログ内容に、アクセス数はとんでもない数になっていますが、皆様ドン引きのようです。
本日感染者の方が、自身のブログに、新しいニュースをリンクしております。やはり見つかっているようです。

http://www.diamondmedia.co.jp/PressNews/item_a/22560

7月からの中国人旅行者受け入れ前に、なんとしても防がなくてはいけません。
坂東忠信, 2010/05/28 1:14 PM
失礼いたします。

この情報を求めていらっしゃる方は厚生労働省にも
問い合わせされたのでしょうか?

やはり第三者から問い合わせても無駄なのでしょうか。
, 2010/05/28 4:40 PM
二回目です(笑)。

この記事と坂東先生のブログを、いろんな方々のブログにてコメントにて拡散させて戴いております。

正確な情報の元に冷静に拡散し、この病気を啓蒙していきましょう。

なんといっても、民主党政権である以上、セルフディフェンスしかありません。

ふじやまぱぱ, 2010/05/28 7:49 PM
名無しさん、ありがとうございます。
昨日感染者の方と接触してまいりました。
彼は、国会議員のM氏とK氏にはメールしたそうですが、返事はないとの事。
厚生労働省には、私のほうから長妻大臣のHPよりメールを差し上げております。
坂東忠信, 2010/05/29 7:51 AM
ふじやまぱぱさん、ありがとうございます。
昨日感染者の方とお会いしてまいりました。
この病気は、知ってもらうために二つの問題点があります。
ひとつは、患者は外見的にはほとんど症状が現れないこと。
もうひとつは、どんな検査にも異常が現れないこと。
そして何より問題なのは、この痛みが患者以外誰にも理解してもらえないことです。

本人とお会いしてから中国でのこの病気の記事をみると、どちらの主張も正しいのです。
詳しくはこの次のブログでご報告します。
坂東忠信, 2010/05/29 7:56 AM
久田将義さん、すみません。
投稿いただいたレスが本件に係りなく、また私にも意味不明で第三者への攻撃性を感じましたので、削除させていただきました。
初めて見る方も理解できる説明的内容で、関係するブログにご投稿いただいたほうがいいと思われます。
坂東忠信, 2010/05/29 8:01 AM
貼り付けだけになりますが・・

「未知のウイルス」
http://csakura.sblo.jp/article/38598855.html?reload=2010-05-29T12:08:05

民主党は日本国民を守る気が無い。
日に日にそのように思えてなりません。
レンジ, 2010/05/29 12:11 PM
坂東さん、はじめてコメントさせて頂きます。
チャンネル桜さんで、拝見させて頂いてます!
早速、私の考えを申し上げます。
「この事例をレポート等で、WHOの窓口に送ること。」
これしかないと思います。
日本の政府は、この手のウィールス問題に関して
無視を決め込むのが今までのやり方です。
たぶん、これは予測なのですが、
エイズ検査で(−)が出てしまうのは、
ウィールス自体が進化している場合は、
今の試験では(−)なる可能性がありますから。
また、新しい性感染症も考えられますので、
WHOにこの事例を報告するのが1番いいと考えます。
nadeshico☆, 2010/05/29 5:46 PM
今年の7/1から中国人観光客のビザ発給要件 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100510/mca1005101259008-n1.htm がかなり緩和されるそうなので、用心しないと日本での感染が拡大してしまいそうですね。
すず, 2010/05/29 7:23 PM
差別的な発言ではないのですが、会社や電車でよく唾を飛ばしながらしゃべる人がいますが、その唾がうっかり口に入った場合感染ってするのですかね?HIVなら唾くらいで感染しませんが、原因不明でかつ進化しているウィルスのような気がするので。池袋から渋谷で通勤していてよく大声でしゃべっている人が前にきます。明日からマスクをして会社に行こうと思おいます。
yopi, 2010/05/30 6:30 PM
外部からの感染症ではありません。
逆で腸内細菌の減少によるものです。
人間の体内には細菌がたくさんいてバランスを取って健康を保ちます。
電波の共振作用で優良な細菌が死滅すると危険な菌が繁殖して不調を訴えることになります。
おそらく患者は血小板が不足しているはずです。
カビが繁殖していれば肌に白い斑点が出るはずです。
一部の利益団体か国が絡んでいるか、自然現象化はわかりませんが
強い電波が地上に降り注いでいるせいのようです。
患者の中に電磁波過敏症になっている人がいると思います。
携帯の電波も反応できるようになるのでわかると思います。
使ってはいけない周波数帯を使っている人がいるようです。

名無し, 2010/08/02 3:49 PM
楽しく読ませていただきました。
カット パーマしたら衝撃映像になりました, 2010/10/26 1:03 AM
それは中国のまれな病気はエイズ素晴らしいニュースです。しかし、ここで少し観光について恐怖します。HIV の最初のテストと思います。共有をありがとう。
HIV検査, 2013/08/22 3:58 PM